2018年1月7日日曜日

2018年は再び「奇跡のコース」に取り組みます。

2018年がはじまりましたね。

昨年はあなたにとってどんな一年だったでしょうか?

僕の2017年は穏やかで平和なものでしたが、ちょっとビジネスモードに入りすぎていたかな… という感じです。

もうすっかり過去のことになりつつありますが、僕は2013年の秋に人生ではじめてうつ病を発症しました。

2014年の一年間はずっとうつ病との戦いで、スピリチュアルな本を読みあさったり、瞑想ばかりしていました(あと家庭菜園とランニングとか…)

2015年には、ほぼうつ病からは回復して日常を取り戻したのですが、当時の僕は

悟りたい…

という思いを強くもっていました。

幸いなことに貯金がそれなりにあったので、あまり仕事もせずに、瞑想とかスピリチュアル系の本を引き続き読んでました。

そして2016年の1月1日に、ずっと気になっていた本

「奇跡のコース」

に取り組みはじめました。

奇跡のコース… という本のタイトルは知っている人も多いかと思います。

僕がリスペクトしているエックハルト・トールもそうだし、その他大勢のスピリチュアル系の著者が、目覚めのきっかけとして「奇跡のコース」をあげている… そんな本です。

まさに、スピリチュアル界の原典であり、バイブルのような本です。

本は二冊からなっていて、一冊目はテキストです。

900ページ以上もある、かなり骨太な本です。

二冊目は、ワークブックとなっていて、365のワークが掲載されていて、そのワークを每日1レッスンずつ、つまり一年間通して取り組むレッスンが掲載されています。

僕は、このワークに2016年の一年間、每日取り組みました。

ワークの内容は、かなり興味深く、え〜〜〜〜!

とビックリするような内容がたくさんありました。

レッスンの内容についてはちょっと要約もできないぐらいに多義にわたっているのですが、シンプルに説明するのであれば…

僕の持っていた常識とか固定観念をことごとくひっくり返す内容で
それまでの世界は物事への見方を大きく変えてくれました。

ただ、正直に書くと、ワークに一年間取り組んだからといって、僕の中の何かが大きく変わった… というようなことはなかったと思います。

それは多分、僕は本当の意味ではレッスンの内容を理解していなかったのだと思います。

へえ〜すごいな… とは思いながらも表面的に取り組んでいたというか…

あとは、これも正直に書くと、ワークブックのほうは每日読んで、レッスンに取り組み、読了しましたが、1冊めのテキストのほうは、ほとんど読めませんでした。

なんかこう頭に入ってこないというか、理解が難しかったのです。


そして、2017年は、奇跡のコースを開くことは一度もありませんでした。

悟りとかスピリチュアルは一度脇に置いておいて、現実に向き合い、ビジネスモードに入っていたからです。

ただ、今年、2018年の正月にずっと本棚に置いていた奇跡のコースが突然気になって、よし、今年は再び「奇跡のコース」に取り組むぞ! という思いが自然に湧き上がってきました。

そして、今回はレッスンに加えて、テキストのほうも每日3ページずつでもいいから読了しよう!と思って每日読んでいるのですが、この内容が今回はスラスラ入ってくるのです。

前回はどうやっても頭に入ってこなかった文章が、今回はページをめくる手が止まらないぐらいの感じで、もっと読みたい! すごい!

って感じです。

本って、やっぱり読むべき時期とかタイミングってあると、あらためて思いました。



本日、当ブログを更新しよう…と思ったのは、ワークブックのレッスン7

私は過去だけを見ています

という内容をシェアしたいと思ったからです。



実は、私も、そして多分あなたも、本当に過去だけを見ているのです。


僕はうつ病から回復していく過程で、自分の築きあげてきたもの

立場とかプライドとかが全て崩壊しました。

それはまるで、それまでの自分が一度死んだような感じでした。

そして新しい自分に生まれ変わったような感覚がありました。

欝になるまでの僕を今振り返ると、完全に別人だったなと思います。

他人の目線、他人の評価を常に気にして生きていました。

そして、知らず多くの人を傷つけていました。


あの頃の自分に比べたら、現在は本当に多くのものを手放すことができたと思います。

かなり自由だし、心も軽く、每日が幸せです。

でも、やっぱり昔のクセというか、いまだに多くの課題が残っています。


ずっとそれにとらわれ続ける… ということはないのですが、フトした瞬間に、

怒りとか
悲しみとか
寂しさとか
不安とか

そういったエゴが湧き上がってきます。

何か特定の場面やシチュエーションになった時に、そういったエゴは湧き上がってきます。

それはどうしてか?

その理由は過去に同じような場面で辛い体験をしたことがあるからです。

本当は私もあなたも無敵で、いまここに置いては全く問題はありません。

でも、奇跡のコースにそう書いてあるように、私たちは過去だけを見ています。



上司に起こられたくない

親には認めてほしい

友達に裏切られるのは嫌だ


そんな思いは誰でも持っているかもしれません。

以前の僕はそんな思い(エゴ)を強くもっていました。

でも、人間ってなんでそうなっちゃうんでしょうか?

世界は愛に満ちていて、人は信用していいし、本音で生きていいはずの世界です。

でも、実際の現実社会では、誰もが鎧に身を固め、本音はなかなか見せません。

それはたぶん、私たちの中に傷ついたトラウマのようなものがあるからです。


今朝、奇跡のコースのレッスン7「私は過去だけを見ています」に取り組んでいる時にふっと昔の辛い体験を思いだしました。

なぜか思い出したのは、幼いころに通っていた「合気道」の道場での出来事です。

道場に通いだした頃に、先生と話している時に、僕が「うん」と返事をしていたら、それまでずっと優しいイメージだった先生に、かなりキツイ感じで

「ウンじゃない! ハイだ!!!」

と、怒られた場面がフッと湧き上がってきました。

もしかしたら、これが人生で初めて(親以外に)怒られた体験かもしれません。

その時の怒られて萎縮した感覚は今でも覚えています。

先生とか、年上の人は偉いので、敬語を使わないといけない…

そういう価値観、世界観の始まりだったと思います。

その後も、部活でも理不尽な先輩とか、めちゃくちゃな上司とか、いろんな体験をしてきましたが、それでも「上司に嫌われたくない…」というエゴが僕の中にあるのは、きっと幼い頃の、あの合気道道場でのトラウマ体験があって、あんな思いはしたくない… というエゴが自分の中にあるからだと思ったんです(ワークをしながら気づきました)。


ほかにもいろんなことがつながりました。

親から嫌われたくない…

僕の場合、そのエゴの原点は、三才ぐらいの時に、親戚一同が我が家にあつまったパーティーで、嬉しくなってリンゴにマヨネーズをつけて食べようとしたら、それまで一度も怒ったことがなかったような父が突然ブチ切れて「もったいないことをするな〜〜〜!」と、すごい剣幕で大声で怒られたことです。

かなりショックでした。

今わかるのは、普段起こらない父があれだけ怒ったのは、親族の前だったからだと思います。

食べ物で遊んで無駄にしようとしている我が子を親戚の手前、放置できなかったのでしょう。

要するに、そこには愛とか教育はなくて、きちんとした親であることを親族に見せたいというエゴでしかられたということです。

でも、僕は、そのリンゴで遊んでいたわけでもないし、無駄にするつもりもありませんでした。

ただ、親戚がたくさんいて、嬉しくなってテンションがあがって、リンゴにマヨネーズをつけて食べることで、注目を集めたかっただけなのです。

もちろん、そのリンゴは食べるつもりでした。

でも、リンゴを取り上げられ、全員の前で一括されたことで、僕はほっぺたをプルプルとさせて泣きたい気持ちになって、その後のパーティーを一切楽しむことができませんでした。

いまだに僕の中には、親に対する複雑な思いが、何かの瞬間にフト湧き上がることがあります。

そして、その原点はきっと、あのリンゴ事件だったと思うのです。


なんか個人的な思い出をつらつらと書いてしまいましたが、きっとあなたにも、特に子供時代に体験したなんらかの痛みとか辛い体験があって、そういった体験を重ねて大人になっていく過程で、

人に嫌われないように

人に好かれるように

本当の自分を出さないように

している部分もあると思います。

だって、人に嫌われたことがない人間は「人に嫌われたくない」という発想自体が起こらないと思います。

本当の自分が出せないのは、過去に本当に自分を出して失敗した体験があるからです。


奇跡のコースのレッスン7「私は過去だけを見ています」に取り組みながら、そんなことを思ったので、急いでブログに書きました。

僕の中にもいまだに、ずっと心の底にかかえている痛みを伴う体験が残っていることがわかったんですが、そんなエゴとか思いはもう、どんどん手放していこうと思います。

本当に自分でいたいし、本音で生きたいです。

本音を出して、痛い目にあったこともありますが、それは過去のことです。

今度は、本音を出したら、もっと打ち解けあう… そんな未来が広がっている可能性もあるのです。

過去はもういいです。

いつでもニュートラルな気持ちで、いまここを楽しんでいこうと思います。


2017年11月20日月曜日

引寄せの法則が実現するor実現しない たった一つの理由

引寄せの法則が実現するor実現しない たった一つの理由


引寄せの法則が実現するのも

引寄せの法則が実現しないのも

その理由はたった一つです。


何度か、このブログで引寄せの法則については書いてきましたが、もう一度おさらいします…

いくら言葉で

幸せになりたい!

と言っても

心の中で

豊かになりたい!

と思っても

それで引寄せの法則が発動するケースはまれです。

それは何故か!?


それは、その言葉や思いを心から信じていないからです。

信じることができないからです。

引寄せの法則を実現させるための
たった一つの重要ポイント
それが…

心から信じているか? 信じきっているか?

です。

引寄せの法則が実現する理由…
それは、あなたが絶対に実現すると心の底から信じきっているからです。

引寄せの法則が実現しない理由…
それは、あなたが絶対に実現すると心の底から信じきっていないからです。


引寄せの法則の本を読み、セミナーにも参加したりして、私は引寄せの法則を信じてます!
引き寄せる気マンマンでワクワクしています!

と思っていたとしても、実際に引寄せの法則を使う時に、それが絶対に叶う!
とは、心の底では本当は信じていないのです。


なぜ、信じることができないのか?

それは、私たちが常識とか価値観、固定観念にガチガチに固まってしまっているからです。

私たちの誰もが物心ついた瞬間から、壮大なる超強力な常識とか価値観の洗脳を受けています。

この洗脳を受けずに大人になった人は、現在の世界では1人もいないと思います。

生まれ育った時代や国や家庭などの環境によって受ける洗脳の内容は若干変わってきます。

だけど、おおむね全ての人に共通している植え付けられた固定観点としては、次のようなものがあげられるでしょう。

努力することは大切

我慢することが大事

わがままはいけない

楽してお金を儲けるのはいけないこと

簡単に成功することなんてできない

地道に生きるのが一番

夢を追いかけるのもいいけど夢をつかめるのは選ばれた人だけ

成功者は特別な人

もし失敗したら人生取り返しがつかない

などなど…


この洗脳はあまりにも強烈です。

自分の親に、学校の教師に、友達に、先輩に、上司に…

テレビに、雑誌に…

あらゆる人や媒体から、そういう常識や価値観を刷り込まれています。



なので、引寄せの法則を知り、本を読んで感動し、実際に引寄せの法則を発動させて豊かになっている著者や有名人のようになりたい!

と思って、そして、

私だってそうなれる〜!

と自分に言い聞かして

成功したい!

豊かになりたい!

と言葉にし、心で思い込んでも


必ず、心の奥そこでは、自分の知らない深層意識の世界では

いや、でもそんな簡単に豊かになんてなれるわけがない…

そんな固定観念がしっかりと根づいています。

そして、本当はそっちの現実(世の中そんなに甘くない的な)を信じているのです。

だから信じている世界、世の中そんなに甘くないとうい現実が実現しつづけているのです。


すこし、引寄せの法則についての学びが深くなっていた人は、この罠にかからないようにアファメーションの方法にアレンジを加えたりします。

最初のステップはこうです…

宇宙は否定語を理解しない… だから全部肯定形で願いを言おう!

という引寄せの法則の活用です。

すなわち、

貧乏やイヤだ…

という願いを発動したら、宇宙は否定語を理解できないので、貧乏という言葉だけをつかまえて、それを実現させてしまう…

だから

貧乏はイヤだ! じゃなくて

豊かになりたい!

と願います。

病気になりたくない! と願えば宇宙は病気にフォーカスしちゃから…

そうだ!

健康になりたい!

って願おう…

これが第一のアレンジです。


でも、これでも願いはかないません。

そこで、もっと引寄せの法則の本を読んだり、セミナーを受けたりして、さらなるアレンジを加えます。

それが…

もうすでに実現している… と思い込むこむというアレンジ方法です。

豊かになりたい!

と願うことは、裏を返せば

今の私は豊かじゃない! 

と宇宙に宣言していることになる…

だから! そう〜

私は豊かです!

と高らかに宇宙に宣言します。

そして、自分に言い聞かせるように心の中でも何度も

私は豊か! 私は豊か!

と何度も思い込もうとします。

でも、このアレンジ方法をもってしても、引寄せの法則が実現することはレアです。

何故か?

もう、わかっていると思いますが…

心の底からは信じていないからです。

私は豊か! といくら思い込もうとしても、心の奥底では…

来月のカード代の支払い大丈夫かな?

とか

今のこの会社じゃ、大きな給料アップなんて無理だしな…

という意識があるのです。

そして、そっちの悩みのほうがより切実で、リアルなので、いくら「私は豊か!」と思い込もうとしても、深層意識の底では、それは無理! とか、そんな簡単なことではない… という否定の意識が勝っているのです。

簡単には豊かになれない現実を信じているのです。

だから、実際に、今の現実の私は、

簡単には豊かになれない…

という超リアルな問題をかかえながら生きているのです。

ちゃんと、自分が深層意識で信じていることが、実現しているんです。

だから、全ての人は、意識しようがしまいが、心の底で信じた世界をちゃんと引寄せているんです。


こんなふうに、引寄せの法則も突き詰めていくと、かなりな無理ゲーであることがわかってきます。

でも、実は必勝法があるんです。

このことについて、書かれている本は僕は読んだことがないです。

たぶん、世界ではじめて公開される、トップシークレット的な

引寄せの法則完全発動マニュアル

になるかと思います。


おそらく、本日、2017年11月20日は、引寄せの法則の最奥の法則が明かされた日…

引寄せの法則の新たなるスタンダードが発表された日…

として、後世に記憶されることでしょう…


お金をもらってもいいレベルの情報だと思いますが、今日は気分がいいので、特別にタダで効果します!

と、さんざんハードルをあげたところで…


では、発表します!

引寄せの法則の法則を発動させる究極奥義…

それは…


信じ切れるまで行動する


ことです。


あるいは、


確信に変わるまで行動する


ことです。



え!

なにそれ!?

と思ったでしょうね…

でも、これマジに究極最終奥義です。


今からちゃんと例を出して説明します。


たとえば、ここに
2人の野球少年がいます。

イチロー少年と、ジロー少年です。

2人は同じ小学一年生で、体格も体力も技術も同じぐらいの少年です。

イチロー君のお父さんは、昔プロ野球選手を目指していた努力の人で、自宅には
メジャーリーグや日本球界のスターの自伝や、華麗なるプレイの収められたDVD
コレクションなんかがあります。

イチロー少年は、每日それを見て、絶対に自分も将来メジャーリーグで活躍する!

と誓って、每日必死でバットを振ります。

道具も磨きます。

身体のメンテナンスもしっかり考えて、食事も好き嫌いなく食べます。

練習後には、お父さんが励ましながら、イチロー少年の足裏マッサージなんかも每日やってもらえます。


かたや、ジロー少年のお母さんは、占い好きでパワースポット好きなスピリチュアルにかぶれたイタイ人でした…

お母さんは每日ジロー少年にこう言います

「いいかい、ジロー。心から願って信じたことは、どんなことでも実現するんだよ」
と。
「どんな奇跡も起こせるんだよ」
と。

ジロー君が野球の練習をしようとしても、お母さんは「練習より、神さまにお願いして守護してもらうことが大事よ。だから今から神社にお参りに行きましょう」と練習をさせてくれません。

お母さんの洗脳は続き、ジロー君は野球の練習そっちのけで、每日瞑想を二時間したり、パワースポットに行ったり、占い師にアドバイスをしてもらったり、全国の神社のお守りをコレクションしたりしています。


時は流れて…

2人は中学3年生になっています。

イチロー君は、不動の4番で、しかもエースピッチャーでキャプテンです。
それもそうでしょう… イチロー青年は、一年365日、元旦の朝ですら、每日朝の5時から1,000回の素振りをやっているのです。
すでに、強豪高校野球部の監督が連日、イチロー青年の勧誘に来ているぐらいです。

かたや…

ジロー少年は
中三の中では唯一自分だけ補欠です。練習でも三振ばかりで下級生からも小馬鹿にされています。
それもそうでしょう… ジロー青年は、一年365日、元旦の朝ですら、メジャーで一番の選手になれますように! と神社でお百度参りをやっているのです。
練習も、みんなが汗を流している間、それには参加せずに、グランドの片隅で座禅を組んだり、ブツブツとひとりごとばかりいっているのです。

他の部員がそれを注意すると
「俺はサボっているんじゃない! 俺がやっているのはイメトレ! それからひとりごとじゃなくて、アファメーション!」と逆ギレです。

監督はすでに匙を投げているので、完全放置です。


時は流れて、あれから15年…

2人の青年は今では30歳です。

さて、今の2人はどうなっていると思いますか?

1人はメジャーで大活躍しています。

1人は、野球はとうの昔にあきらめて、やりたくもない仕事で生計を立てています。

さて、メジャーで活躍しているのは

イチロー選手
だと思いますか?

それとも
ジロー選手
だと思いますか?

ちなみに、ジローくんは引寄せの法則についてだったら一晩中でも語れるぐらいのスピリチュアルに関する知識を持っています。

いっぽう、イチローくんは、引寄せの法則という言葉すら知りません。

さて、メジャーで活躍しているのはどちらでしょうか?


解答編

答えは…

メジャーで大活躍して、レジェンドとすら賞賛されているのは

ジロー選手

ではなくて

イチロー選手です!


え〜〜〜〜〜!

なんで〜〜〜〜〜〜!

イチロー選手は引寄せの法則しらないんでしょう!?

ジローは每日、引寄せの法則使ってたんでしょう!?


スピリチュアルに傾倒しすぎた人であれば、そんな疑問、いや怒りが湧いてくるかもしれません。

でもね…

違うんです!


本当の意味で引寄せの法則を発動させていたのは、ジロー君ではなく
イチロー君だったのです!

え・・・・・・・

どういうこと・・・・・・?????


安心してください。

ちゃんと解説します。


そして、ここからの解説を読んだ時、あなたはきっと今までずっと引っかかってきた疑問、

引寄せの法則ってなんで実現しないんだろう?

どうやったら、引寄せの法則が現実になるんだろう?

そんなモヤモヤの全てが消え去り、全てを理解しスッキリするでしょう。

そして、あなたはきっと引寄せの法則の真の仕組みを理解して、引寄せの法則を発動させて、自分が本当に叶えたい夢や現実を実現できるようになるでしょう。

と、さらに究極にハードルをあげたところで、解説します。


【解説編】


さきほど…

引寄せの法則の究極奥義は

信じ切れるまで行動する

あるいは、

確信に変わるまで行動する

ことだと言いました。


イチロー選手がやったことは、まさにこれだったんです。

イチロー選手は「引寄せの法則」という言葉自体は知りませんでした。

でも、少年時代に、メジャー選手にあこがれて

「自分も将来は、絶対にメジャーで活躍する!」

と心に誓いました。

言葉自体は知らずとも、これは完全に引寄せの法則の発動です。

宇宙への宣言です。

そして、イチロー選手は夢を現実にするために、必死で努力をしました。

小学校の時から、誰よりも早くグラウンドに行き、誰よりも遅くまでグラウンドで練習しました。

台風で本日の練習は中止…

ラッキー! と、大喜びで他の部員たちは自宅でテレビゲームに興じる中

イチロー選手は自宅で黙々と筋トレをします。


毎朝5時素振り1000回も、小学一年生の時から、休んだことはありません。

だんだんと、イチロー選手は、そんな自分に自信を持てるようになっていきます。

練習はウソをつきません。

どの試合でも、イチロー選手は試合を決めるヒットを放ち、いつでもチームのヒーローです。

そして、自分でも

「俺はやれる! 絶対にメジャーで活躍する!」

そんな将来の自分の姿を信じられるようになっていきます。

自分を信じる

と書いて

自信

と読みます。


自信にみなぎったイチロー選手には、一切の迷いがなくなり、ますます熱心に集中して練習します。

そして、ついにプロ野球球団からのスカウト…

なんと、数シーズンに渡って連続200本安打という前人未到の記録を打ち立てます。

この時、イチロー選手の中で大きな変化が起きます。

メジャーで大活躍する自分を信じる気持ちが

確信

へと変わったのです。

俺はメジャーでも活躍できるかも…

ではなく

俺はメジャーでも絶対に活躍してやる!

でもなく

俺がメジャーで活躍できないわけがない!

という絶対に揺るぎない確信へと変わったのです。


確実に信じる

それが確信です。


あなたは、引寄せの法則で何かをお願いする時

絶対に実現する!

実現しないわけがない!

という揺るぎのない確信を持っているでしょうか?



ジロー少年にも実は目はあったんです。

ジローくんが本当に「俺はメジャーで大活躍する!」という願望、そしてその実現を

心の底から全く揺るぐことなく確信していたら、そうなっていた可能性はあるのです。

でも、実際にはそうではなかった…


監督にはあきれられ…

後輩にはバカにされ…

練習でも三振ばかりして…

「僕は本当にメジャーで活躍なんかできるんだろうか?」

という現実的な不安や心配が出てきたのです。

そして、よりリアルな、重い、深層意識の奥のその心配…

失敗する自分

を宇宙は引き寄せてくれたのです。


そういう意味では、ジローくんは当初の願いとは少しばかりズレてしまいましたが(いや…真逆!)、ちゃんと「失敗するかも…」という引寄せの法則を、知らず宇宙にオーダーして、それを発動させてしまたったのです。

つまり、ジローくんのお母さんの「どんなことでも引寄せの法則で実現する」という言葉は間違いではなかったのです。


それにしても、ジローくんとしては残念だしショックなことだったと思います。

ジローくんも、唯我独尊的に自分を信じ切り、確信を持ち続けることが出来たならメジャーリーガーになれたのに…


でも、これにはやむなき理由があったのです。

なぜなら、引寄せの法則を発動させるためには

応援団

が必要だからです。


この引寄せの法則における

応援団

という概念も、これまた僕が世界ではじめて明かす秘奥なんですが…


全てにおいて、この応援団しだいで、夢が叶うか叶わないのかの決め手となるケースも多々あるのです。

実はイチロー君にも、ジロー君にも応援団がいました。

每日、誰よりも早くから練習しているイチローくん、試合でも大事な場面ですごい集中力で活躍するイチロー君を見て、まわりの部員みんなから

「イチロー… おまえは絶対将来、メジャーで活躍できるで〜」

と言われていたのです。

「監督からも、お前は将来プロになるんだから、即戦力で活躍できるように、今のうちから、しっかりカラダつくっとけよ!」

と每日のように励まされていたのです。

一番身近な両親に至っては、幼いころから每日のように「お前は絶対に世界一のバッターになれる!」と本気で信じて、サポートしてきてくれてました。

自分1人だけの思いだったら、

そうはいっても、本当にメジャーなんかに行けるんだろうか?

なんて、不安がフッと瞬間的に出てくることは誰にでもあったりします。

でも、周りの応援団が、「お前なら絶対にできる!」と太鼓判を押してくれることで、

これだけ周りも認めて評価してくれるってことは、俺はきっと大丈夫!

みんなの応援を力に、期待に応えられるようにもっとがんばろう!

と、さらなる努力をして、その努力が自信になり、

その自信が好結果を生み

その好結果が、確信に変わるのです。



ジロー少年にも応援団はいました。

でも、その多くは、逆応援団でした。

母親こそ、メジャーに行ける! と每日言ってくれます。

でも、周りの部員にそれを言うと

「お前なんかがメジャーに行けるわけがない!」

とフルボッコにされます。

監督も自分には全く期待もしてないし、最近では声も一切かけてくれません。

そうすると、さすがのジロー少年も不安になってきます。

「おかんは、メジャーいけるっていうてるけど、そんなん絶対無理やろ…」

その不安、心配はどんどん大きくなっていき、自信を失います。

自信を失ったので、ますます結果は落ちます

結果が落ちたので、「メジャーなんかに行けるわけがない…」

というマイナスの確信が生まれます。


引寄せの法則は確かにありました。

「メジャーでも活躍できないわけがない!」

というイチロー選手の確信は、確かに実現しました。


「メジャーなんかに行けるわけがない…」

というジロー君の確信も、確かに実現しました。



ここまでで、引寄せの法則のポイントがだいぶんつかめたと思います。

ポイント1
信じ切れるまで行動する

ポイント2
確信に変わるまで行動する

ポイント3
応援団の存在



ジロー君に話しを戻すと…

じつは!
もし、ジロー君の周りにもメジャー行きを後押ししてくれる応援団が多数いたなら、夢が実現する可能性もあったんです。

でも、ここでもポイントはやっぱり

行動

なんです。


いつもグランドの角で瞑想して、三振しかしていないジロー君に対して

「お前なら絶対にメジャーに行ける!」

と後押ししてくれる応援団が現れるでしょうか?

現れないです。


でも、もしジローくんが行動していたら…

イチローくんと同じ成績… とまではいかなくても、イチローくんにも引けをとらないぐらいの猛練習を每日してて、その努力の姿を周りの部員も每日見ていたら…

「イチローはもちろんだけど、ジロー… お前もメジャーに行けるかもな!」

なんて、応援団が現れたと思います。

もし、そんな後押ししてくれる応援団が何人もいたら、ジローくんも嬉しくなって、さらに努力して、メジャー… とまではいかなくても、プロ野球選手にはなれた… そんなシナリオもあったんです。

イチローくんとジローくんをわけた、たった一つのもの

それが…

行動

でした。



地球は行動の星

です。

行動はものすごく大きなエネルギ−です。



行動することで、引寄せの法則が実現する仕組みの種明かしは…

全人類的な共通の固定観点として

行動すれば変化も奇跡も起こせる

〝あなた、みんなも信じているからです。


例えば…
柔道でも、ボクシングでも、フェンシングでも、なんでもいいのですが
オリンピックの決勝戦で2人の選手が対戦します。

そこでアナウンサーがこう解説します。

「A選手は、この四年間、每日8時間以上トレーニングをしてきました」

「B選手は、この四年間芸能活動ばかりで、全く練習してこなかったそうです」

あて、あなたは、そして世界中の視聴者はどっちの選手が勝つと思いますか?

あるいは、あなたは、そして世界中の視聴者は、どっちの選手を応援したいと思いますか?

あるいは、実際に対戦している2人の選手で

「絶対に勝つ! 私が負けるわけがない!」

と確信しているのはどちらの選手だと思いますか?

よほどのへそ曲がりでない限り、同じ答えになるでしょう。


選手も、応援している人も、より多くの努力、汗を流してきたほうが勝つ!
勝って欲しい!
と願い、世界はそうであってほしい、いやそうであるべきだ… と信じています。

おそらく努力を全くしていないトップアスリートはいないし

行動を全くせずして、成功した起業家もいません。



ここであなたに2つの質問をします。
YESかNOでお答えください。

質問①
本気の努力は報われないことよりかは、報われることのほうが多い。

この言葉にあなたは賛同できますか?
あるいは世界はそうあるべきだ… と思えますか。

質問②
スポーツであれ、ビジネスであれ
しっかり計画を立てて、その計画を確実に実行し、改善しながら、しっかり行動を積み重ねたほうが、それを全くしないよりも、成功する確立が高い。

この考え方に賛同できますか?

この2つの質問の答えが2つとも
NO!
の場合は、あなたの固定観点はかなりユニークです。

もしかしたら、一切の行動をすることなく、全ての願望を引き寄せる…
そんな特別な才能の持ち主かもしれません。

ただ、きっとあなたの答えは
YES!
だったと思います。

その場合は、もしあなたが、
夢とか願望を引き寄せたい! 
と思うのであれば、
その実現に向けて
実際に行動したほうがいいです。

なぜなら、あなたは
努力は報われる、
圧倒的な行動はきっと何かを生み出す
そんな世界を信じているからです。
きっと、表面的な意味ではなく、深層心理の奥でも、本心からそう
信じているはずです。

そんなあながた実際に圧倒的に行動した場合、
あなたはどう思うでしょうか?

いや、俺、
こんなにバカみたいに全力で行動してきたんやし、
絶対に成功するやろう

と思えるのではないでしょうか。

私…每日5キロのジョギングを1カ月休まずできた!
体重も2キロ落ちた!
このままあと二ヶ月続けたら、きっと目標やった5キロの減量も成功するはず!

と、本心から思えるのではないでしょうか?

こんなふうに、努力は報われる… 
という常識とか、固定観念を持っている人が
実際に圧倒的な努力をした場合
深層意識の奥からも、絶対に成功できる
という確信が持てるはずです。

そんなふうに
自分が信じることのできる
願望
そして、それを裏打ちできるだけの
行動

これが一つになった時

見事に、鮮やかに

引寄せの法則は発動します。

願望は現実になります。


このことが、はっきりと理解できた時

あなたはもう、立派な

引寄せの法則マスターです。

免許皆伝です。


引寄せの法則については、このポイントを押さえておけば大丈夫です。


と、ここまで、行動の大切さを説いておきながら、さらに奥の世界があることについても言及しないわけにはいきません。


本当に心から信じていることが現実になるのが
引寄せの法則
です。

だから究極的には
一切行動をしていなくても、
心から信じきることができていれば、
それは実現するのです。


一般的な常識では…
ガンや腫瘍は、手術や、なんらかの治療をしない限り、勝手に消えたり治ったりしてくれない。
そんなふうに信じられています。

でも、その固定観点を捨てることができたら。
あるいは、奇跡というものを心から信じることができたらなら
つまりは、その本人が
本当に信じてきっているなら手術なしで腫瘍が消える
そんな奇跡も起るのです。

医者も「奇跡だ!」とびっくりするような事例…
調べればいくらでもあります。

僕の知っている人でも
カラダ中に拡がった腫瘍を前に、手術すら出来ない…
と医者があきらめていたのに、
一ヶ月後に検査をしたら、全ての腫瘍が跡形もなく消えていた。
退院して、その後元気!
そんな人を知っています。

そんなわけないやろ〜
と突っ込んだあなたはまず、この本でも読んでください。
↓  ↓  ↓
末期がんが突然消えちゃった人の実話


心肺停止で完全に死亡したのに、もう一度生きる道を選んで(引き寄せて)生き返った人の実話




さらには!

本当に信じきっているなら、道具を使わすに、人間が空を飛ぶことだってできます。

ただし、こういった常識を超えたような願望はかなりハードルが高いのも事実です。

もしAさんが、空を飛べると信じて、それに挑戦しても、それが現実にならなかったとしたら、それはAさんが本当は心の奥底で、それを信じていなかったのです。



宇宙は本当に信じていることをちゃんと実現させます。

腫瘍が消えた人、腫瘍が消えずに死んだ人…

この2人の違いは、
腫瘍は消える! 
と本当に信じていたかどうか? 
それだけの違いです。


豊かな人と、貧しい人…

この2人の違いは

私は豊か!
と本当に信じていたかどうか?
それだけの違いです。


お金持ちは、
私は豊か!
と信じています。
預金残高を見るたびに豊かさを実感し、happyな気持ちになります。
だから豊かな現実が目の前にあります。

貧しい人は、
私は貧しい!
と信じています。
預金残高を見るたびに、貧しさを実感し、悲しい気持ちになります。
だから貧しい現実が目の前にあります。


じゃあ、貧乏人は一生豊かになれないの?

そんな理不尽さを感じるかもしれません。

でも、大丈夫です、今現在貧しい人であっても、豊かになることは可能です。

誰でもちゃんと引寄せの法則を正しく使えば豊かになることができます。

その方法は…

ここまで読んでくれたあなたにはわかっていることでしょう。
(*^_^*)




最後にもう一度

冒頭のテーマに戻ります。

引寄せの法則が実現するのも

引寄せの法則が実現しないのも

その理由はたった一つです。

と冒頭に書きました。


そのたった一つの理由は

行動

です。


神人合一のレベルにまで達した人であれば、
このリアルな現実世界の地球で
行動なしにでも、なんでも引き寄せることができます。

まあ、もっとも、そのレベルまでいった人であれば
物質的に引き寄せたいものなんてもものはないでしょうけれども。

でも、僕もそうだし、普通の一般的な人が
引寄せの法則を発動させる場合には
行動が欠かせません。

スリムな私

を引き寄せる場合

ただ、寝転がってポテチを食って、一切運動しない場合
スリムな私が引き寄せられるはずがないのです!

なぜなら私たちは知っているから

一切運動せずに、好きなだけ食べた場合に
スリムになることはありえない… と。

いや、むしろ、それ太るやろ!
と。

だから、深層心理で信じている、スリムになれるはずがない!
という現実が実現します。

逆に…

每日、カロリーを計算して
糖質・炭水化物をカットして
高負荷の筋トレを每日やって
長時間のジョギングなどの有酸素運動
という行動を徹底的に行った場合

あなたは確信しているでしょう…

ぜったいスリムになれるにきまってるやん!

って。

あなたが心から信じているので、引寄せの法則はちゃんと発動します。

このように、

行動は

願望を裏付けてくれるのです。

行動することで

願望の実現が確信できるようになるのです。


だから、
引寄せの法則の実現も、失敗も
全ては行動にかかっている
んです。


このことを、僕のリアルな体験談として恥を承知で告白します。

ある時、豊かさを引き寄せようと決意しました。

そして、寝る間も惜しんで徹底的に行動しました。

そしたら、本当に豊かになりました。

毎月の月収が、それまでの年収をはるかに超える…

そんな日々が続きました。


ただ、今度は、変な引寄せの法則を知らずに発動させちゃったんです…

こんな上手い話しが永遠に続くはずがない…

とか

来年の税金どうしよう…

とか…

うん、ネガティブな固定観念、僕が心奥底で信じている部分ね…

それで、見事に発動しまたよ…

天国から地獄…

みたいな…

明日食べるご飯どうしよう…

みたいな、ところまで落ちました。


なので、俺は考えた

もう、不安とか心配を手放して

宇宙を信じよう!

豊かさを信じよう!

ってね。


それで俺はどんな行動したと思いますか?

仕事?

ほとんどしませんでした…

そのかわりに、每日、ずっと瞑想してました!

アホか!と

俺は
ジローか!と


しかも、そんなスピリチュアル頼みの時期を三年近くも過ごしました…

どん底の生活でしたが、ギリギリ生きていくことだけはできました。

なぜなら、僕は
人間、なんとかギリギリ生きていくことは誰にだって絶対できるやろう…
と昔から信じているからです。

フフ…

見事に引寄せの法則発動です。

ちゃんと、三年間、ギリギリで生きる…
という生活を味わい尽くさせていただきました。

それで三年たって、いよいよ本当に、すべてが回らなくなって、完全ゲームオーバー…

俺の人生オワタ…

と、そこまで落ちた瞬間にスイッチが入ってしまったのです。

俺、やる!

死ぬ気でビジネスに打ち込む!

って。


まあ、気づくの遅すぎです。

男として、夫として、父親として完全にアレですね…

でも!

この完全ビジネス鬼モードに入ると

なんということでしょう~

どんどん収入があがっていくではありませんか〜!

新車(CX−5)がやってくるではありませんか〜!

家のリフォームまで出来たではありませんか〜!

リアル、ビフォー・アフターじゃありませんか〜!

しかも、本当に不思議なことに、数百万円のリフォーム代が無料になったじゃありませんか〜!


他にもいろんな奇跡がありました。

そういう奇跡が起きるたびに、
僕は宇宙に感謝し、
引寄せの法則に対して確信的な信頼
を持つようになりました。

そして、あれだけ逃げいていたビジネスも収益が上がると楽しくなってきたので、ますます行動しています。

フリーなのに、午前2時から仕事したりしてます。
(少なくとも午前6時までには、始業してMacで作業をはじめてます)

そんな感じなので、豊かさの流れは加速していくと思います。


この僕のバカみたいに恥ずかしい体験から学んだ教訓

それは…

祈っても、願っても、引き寄せたくても

行動しないと現実は何も変らない!

って、ことです。


逆に

行動することで、現実は変わる。

現実が変われば、願望の実現がリアルに信じられるようになる。

そうなると、モチベーションがとまらなくなって、ますます行動する。

さらに結果がでる。

以下くりかえし… 
みたいになってきます。

だから、今日、僕が公開した
引寄せの法則の究極奥義は
本で得た知識… とか
机上の空論… ではなくて、
全部、リアルな体験に基いて、そこから得た気づきというか、
今までの知識と体験がピタって一致して、生まれたものです。





最後にもう一度
引寄せの法則の最終奥義のまとめ

引寄せの法則 奥義①
信じ切れるまで行動する

引寄せの法則 奥義②
さらに、確信に変わるまで
圧倒的に行動する

引寄せの法則 奥義③
応援団を作る。
あなたが圧倒的に行動していたら、いらない!といっても応援団はどんどん増えてきます。
応援団のあなたを信じる思いが、あなたの確信をさらに加速させます。

※応援団は自然に現れることが多いですが、あくまで後押ししてくれる存在でしかありません。
応援団がいなくても、あなたに確固たる不動の確信があれば、引寄せの法則は発動します。

引寄せの法則 奥義④
自分が信じることのできる
願望
そして、それを裏打ちできるだけの
圧倒的行動

これが一つになった時

見事に、鮮やかに

引寄せの法則は発動します。

※嵐の6人目のメンバーになる!とか
 竹内涼真と結婚する!
 とかの引寄せの法則は無理ゲーなのでやめましょう!
 なぜなら、あなたの意識の底ではそれは無理!と思っているので、無理という現実が実現するだけです。
 自分が心から信じることのできる願望、つまりまずは小さな願望からはじめていくほうが、引寄せの法則に対しての確信を強めていけるのでベターです。


引寄せの法則 奥義⑤
究極的には
一切行動をしていなくても、
心から信じきることができていれば、
引寄せの法則は発動します。


当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧

2017年11月18日土曜日

苦悩から開放される方法

苦悩から開放される方法


苦悩から開放される方法について書きます。

きっと誰もが…

幸せになりたい

強くなりたい

美しくありたい

成功したい

豊かになりたい

そんな願望をもって日々、生きていると思います。

あるいは、スピリチュアルに目覚めた人であれば、そこに

悟りたい

そんな願望も加わってくるでしょう。


ここで、重大な事実についてお知らせしたいと思います。

上記に書き連ねた願望は、人間として誰もが自然にもっている願望だと思いますが、その願望を追い求め続けている限り、その願望を叶えることは基本的に不可能である。

ということです。

え!

マジで…


マジです!


この世界って本当に不思議です。

苦悩から開放されたい…

と思えば思うほど、苦悩はますます深くなるのです。

幸せになりたい! 

と思えば思うほど、幸せは遠のいていくのです。


悟りたい!

と思えば思うほど、悟りから離れていくのです。



この世界って本当に不思議です。

苦悩… 上等! どんと来い!
と思った瞬間から苦悩は消えるのです。

幸せになりたい!
と思うことは、裏を返せば
今の私は幸せじゃない!
と宇宙に宣言していることになるのです。

逆に、今わたしは幸せです
と、日々起る全てのことに
(良い出来事も、一見悪く思える出来事も)
感謝し、味わい愛でるはじめると
本当にすべてがありがたく、幸せになるのです。


悟り

に関しても、悟りたい!
という思いをまずは手放す
遠いどこかにある、何かを探すのではなく
ただ、ありのままの、あるがままの
世界を受け入れ
自分を受け入れ
神に宇宙にサレンダーすることで
ブレない自分、エゴに振り回されない自分に帰ることができます。

その状態は、もはや悟りです。

そして、その状態で生きている人は

悟りたい!

なんて、きっと思わないはずです。

なぜなら、その人は、事実上、もはやすでに悟っているからです。

悟ってるとか、悟ってないとか、そんなことはもうどうでもよくなっているのです。

ただ、日々を味わい愛でながら、全てのことに感謝して、ありがたいな… と思いながら生きているだけです。


本当に不思議な世界です。

逆説的な世界なんです。

求めれば逃げていく世界なんです。

手放せば手に入る世界なんです。



強くなりたい!

本当に強く生きるための第一歩は

自分の中にある弱さを受け入れることです。

誰の中にでも弱さはあるのです。

弱い自分を見たくない、そんな自分はイヤだ!

という自己否定が、ますます自分を混乱させます。


本当に強い人というのは、自分の弱さもちゃんと知っています。

だから、その人は強いのです。


あなたの周りにもいませんか?

自分は強い!

と勘違いして、高圧的な態度をとる人…

偉そうにする人…

攻撃的な人…

そういう人を見て、あなたは「ああ、あの人は強いな…」と思いますか?

そうは思わないと思います。


彼らは弱いからこそ、自分を強くみせようとするのです。





この世界に僕たちが生まれてきた理由…

それは、一言でいうのであれば

経験するため

です。



そして、この地球という星は、経験をするためには最高の星なんです。

夜があって昼があって、夏があって冬があります。

それと同じように、

愛があって憎しみがあります。

美しさがあって汚さがあります。


弱さを体験し、弱さを知ることで、強さをはじめて体験し、知ることができます。

絶望した経験があればこそ、心からの歓喜を体験することができるのです。


この世にオギャーと生まれて、一度も転んだことがない…

なんて人はいないと思います。

転びたくなければ、立ち上がなければいいし、歩かなければいいのです。

でも、僕たちは、そんなために生まれてきたわけじゃありません。

だから…

いっぱい遊んで

いっぱい悲しい思いをして

いっぱい痛い思いもして

いっぱい気持ちいいこともして

いいもわるいも関係なく、いっぱい体験したらいいのです。

それが、人生です。

それを体験したくて生まれてきたのです。

愛だけでいい、成功だけでいい…
それなら、ワンネスとか天国とか僕たちの生まれる前の世界にそのままいたらいいわけです。

そうではなくて、痛みとか悲しみとか、それも込みで体験したくなったからこそ、あなたは自らの意志で、この地球に生まれてきたわけです。

それで、一番重要なポイントを最後にいっておくと

この世に生まれたのは

経験するため

ですが、

その先の、本当のミッションは

愛そのものに帰ることです。


この地球は自由意志と選択の自由が許された星です。

愛に生きることも許されているし、

死ぬまで憎しみや恨みをもって生きることも許された星です。

人を助ける自由もあれば

人をだます自由もあります。



私は何を選ぶのか?

私はどういう私で在るのか?

真なるもの

善なるもの

を選ぶのか?


偽なるもの

悪なるもの

を選ぶのか?



もう一度、本日のテーマ

苦悩から開放される方法

に話しを戻します。



生きていく中で、起ることは全て起るべくして
ただ起こっているんです。

そして起ることに良いも悪いも本当はないのです。

あえていうのであれば、それは私にとって必要なことが、ただ起きているのです。

光しか存在しなければ、光のなんたるかを知ることも味わうこともできません。

闇があって、はじめて光の意味がわかるのです。


苦しさや悲しみを知っているから

喜びや愛の素晴らしさを知ることができるのです。


全ては愛に帰るために、私に必要なことが起きているのです。

だから、何が起きても心配しなくていいのです。

悲しい出来事を避けることは誰しもできません。

悲しい時には、思いっきり悲しんで、その悲しみを抱きしめて味わう…

せっかくこの世に生まれてきて、悲しみを体験せずに死ぬのはもったいないです。

そんなの、ずっと無敵状態で敵が1人も出てこないテレビゲームを遊ぶようなものです。

相手選手のいないゴールしほうだいのサッカーの試合のようなものです。



苦しみたくない…

悩みたくない…

こんな体験は嫌だ…

ここではないどこかに行きたい…

こんな自分がイヤだ…

と思うから、理想と現実の間に大きなギャップが生まれます。

そのギャップ、それが苦悩の正体です。


いまここに在る自分を受け入れれば、その瞬間に苦悩は消滅します。

起きる出来事に善悪のラベルをつけずに、ただ今の私に必要なことが起きている。

愛に帰るためのイベントが起きている…

そんなふうに心から思えたら、苦悩することはなくなります。


どんなピンチになっても、

すごい… 大いなる成長のためのビッグチャンスがやってきた!

と思えるようになるし、そうなると、人生はとたんにエキサイティングでワクワクしたものに変わります。

苦悩なんてしてるのはもったいなくなってきます。

全てを手放し、受け入れ、そして同時に、善処して、自分を向上させ、人生を楽しみ味わう。

僕たちが生きている、この地球でのリアル人生ゲームって本当に素晴らしいです。

いっぱい泣いて、いっぱい笑って、いっぱい体験して

情熱を燃やして、愛し愛されて生きていきましょう!

万事良好です!



当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧



2017年11月14日火曜日

引寄せの法則の正しい使い方

昨日の記事
↓ 
引寄せの法則の罠

の続きです。

※明日更新します…と予告しておきながら更新が遅くなってしまいました…
すいませんでした…
_| ̄|○


気を取り直して、前回記事の続きをかきます。
(*^_^*)

引寄せの法則って、確かにあるんだけど、そこだけにフォーカスしちゃうとちょっと違うな… というのを常に感じています。

というのも、そもそもの前提として

僕の、そしてあなたの、今現在の環境というのが、まさに引寄せた結果だからです。

引寄せの法則って、実は意識してそれをやっている人も

引寄せの法則なんて言葉も知らなくて、全く意識していない人も

みんな同じように、引寄せの法則は発動させているんです。

そんなバカな!

と思う人もいるかもしれませんが

豊かな人が豊かなのは、引寄せの法則の結果であり

貧しい人が貧しいのも、引寄せの法則の結果です。


僕の昔の知り合いの人で、いつでも「お金がない」「お金が足りない…」と言っている知人がいました。

彼は給料が少ない上に、いつもアクシデント続きで、子供がしょっちゅう入院したり、車をぶつけたり、急な出費ばかりが続くのです。

それで、ますます会うたびに、深刻な顔をして「お金が足りない… ヤバイ…」と思いつめているのでした。

これは実在する人物の話ですが、かなりわかりやすい例だと思います。

彼は、宇宙に「お金がない!」「お金が足りない!」と宣言しているし、心の底から、自分にはお金がない! と信じこんでいます。

彼がどこかの時点で、何かを変えないかぎり、苦しく貧しい状況を引き寄せ続けることになると思います。


逆に、かなりリッチな友人も僕には何人かいるのですが、彼らのほとんどは元々お金持ちの家に生まれてきている人が多いです。

誰もが知っている有名企業の社長の息子の友人もいるのですが、彼らって根っからの金持ちマインドの持ち主です。

お金に苦労したことがなく、必要なモノはいつでも手に入れることができたので、彼らの世界には、貧しい… とか足りない… という発想自体がないのです。

実際に豊かに育ってきたから、心にも余裕があって、お金の心配などしないのです。

かといって傲慢なわけではなく、豊かさに感謝しつつ、他人に対する感謝の気持ちをちゃんともっています。

私は豊かで、ありがたい… と思っているからますます豊かさを引き寄せるのです。



引き寄せの法則のコツ… というと変ですが、大事なポイントは

念仏のように、私は豊かだ! 

と無理やり口にしたからといって豊かになれるわけでもないのです。

私は貧しい… と口にするよりかはマシかもしれませんが…

大切なことは自分が心の底で本当はどう思っているかです。

どういう姿勢で生きているかです。

よく、顕在意識と潜在意識の話を聞くかと思います。

普段僕たちが頭で考えたり、口にしているのは顕在意識の領域で、それはまさに氷山の一角であって、自分の意識全体の1割にも満たないのです。

その顕在意識の下には、潜在意識というのがあって、そこに自覚はできないけれども、自分が本当に信じている9割以上の意識があるのです。

つまり、いくら顕在意識で「私は豊かである」と宣言しても、潜在意識で、つまり自分の心の根っこで、「生活が苦しい」とか「貧乏は嫌だ…」という意識があれば、宇宙はその9割ある潜在意識の部分を実現させてしまうのです。

じゃあ、どうしたらいいの?

と思うかもしれません。

潜在意識って見えない自分の深層の意識なので、なかなかコントロールできませんし…


でも、実はとっておきの魔法の言葉があるんです。

引寄せの法則で、しかも悪い現実ではなくて、よりよい現実を引き寄せるための魔法の言葉が。

それは何か?

たぶん、予想がついているかと思いますが…

その言葉とは

「ありがとう」

です。


あるいは、全てに感謝する心をもつことです。


現実世界は、なかなかにハードです。

僕もそれなりに苦労はしてきました。

でも、このブログで何度も書いてきましたが、人生って山あり谷ありだから楽しいんです。

僕たちは、リアル人生ゲームという体験をするためにこの世に生まれてきました。

海の魚が水のなんたるかがわからないように、愛だけしかないワンネスでは愛が何なのかわからないので、僕たちは、愛を知りたくて、体験したくて、肉体を持って生まれてくることを選びました。

この現実世界では…

あの涙を流した悲しい日があったからこそ、心から喜べる瞬間があるのです。

愛する人との別れが(最後には死別があるし…)あるからこそ、今この瞬間が貴重で愛おしいんです。

人生をサーフィンに例えて考えてみてください。

サーファーは波に乗りたいから海にでます。

時には荒波にもまれることもあります

溺れそうになったこともあります。

でも、だからこそ、大きな波に乗れた時の感動があるのです。

溺れるのはイヤ… 

高い波は怖い…

じゃあ、まったく波のないベタ凪の海がいいですか?

それでサーフィンを楽しめますか?

何のためにあなたはサーフボードを抱えて海に来たんですか?

という話です。


人生も同じです。

失敗が怖いなら、何にもチャレンジせず家にこもっていたらいいのです。

人に嫌われるのがイヤなら、友達も恋人も作らなかったらいいのです。

でも、それって、何のために肉体をもって地球に生まれてきたんですか?

という話です。


思いっきりチャレンジして、思いっきり失敗したらいいんです。

愛して、愛されて、別れて、泣いて…
それでいいんです。

どうせ、最後にはワンネスに帰っていくんです。

最終的にはハッピーエンドしかありえない人生なんです。

なので、何も恐れずに、思いっきり生きるだけです。


何度も書いてきましたが

人生で起きることは全て、必然であり、その時の自分にとっての最善が起きているのです。

そのことがわかれば

全てのことに

心から

ありがとう

って、思えます。


潜在意識がどうなってるかはわからないけど、僕は強がりとかじゃなくて、每日が本当に楽しくて嬉しくてありがたい! って思ってます。

そうしたらね…

本当に不思議だけど

ありがたいことしか起こらなくなったんです。


不思議な世界です。

幸せに生きる秘訣とかコツというものがあるのであれば、それは

全てに感謝して、安心して、每日を楽しむ

これに尽きると思います。

とりたてて、
引寄せの法則
なんてことを意識しなくても、
ありがとう! って感謝して生き始めと
ラッキーな出来事が向こうから勝手に手元にやってきます。


結論!
引寄せの法則はあります。

想うところ世界なり

という聖言がありますが、本当にそうです。

あなたが心の底で思っていること、信じている通りの世界が引き寄せられるのです。

痛み、恐れ、心配…

ばかりしていたら、そういう世界が引き寄せられるのです。

ある意味、怖いぐらいに絶対的な法則です。

嬉しい、楽しい、ありがたい!

って思って生きていると、そういう世界が引き寄せられるのです。

魔法のように素晴らしい絶対的な法則です。

あなたは、どっちの方向で引寄せの法則を使いますか?

明日から… でもいいですが、今この瞬間からでも、この法則は発動させることができますよ!
(*^_^*)


当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧

2017年11月9日木曜日

引き寄せの法則の罠

引寄せの法則の罠


幸せになりたい…

と願ってはいけません。

豊かになりたい…

と願ってはいけません。

健康になりたい…

と願ってはいけません。


世は空前の「引き寄せの法則」ブーム。

それに乗せられて、今日もたくさんのスピリチュアルに目覚めた人が

幸せになりたい

とか

悟りを開きたい

なんて願いを宇宙にオーダーしています。


でも、それって完全に引寄せの法則の罠にはまってますから!

2017年における最新の引寄せの法則事情


今日は、2017年における最新の引寄せの法則事情についてまとめてみようと思います。

引寄せの法則については、これだけ理解してれば大丈夫って内容をコンパクトにまとめてみます。



最初に一番大切なことを言います。

引寄せの法則は願った時点でアウト

です。


引き寄せの法則は願った時点でアウト?

これはどういうことかというと…

例えば

Aさんが貧乏で「金持ちになりたい!」と願い、
よし!引寄せの法則を使うぞ!
なんて思って、宇宙にオーダーしたとします。

宇宙はどこまでも素直です。

そして本当に引き寄せちゃうんですね。

何を?

金持ちになりたい!と願っている自分を。

金持ちになりたい!と思える状況を。

これ、どういうことか?

さとうみつろうさんが、著書「悪魔とのおしゃべり」で、わかりやすい例えで書いてくれてます。



例えば、「温泉に入りたい!」って願望は、温泉に入ってない状況でしか成立しません。

既に温泉に浸かっている状態の人が「温泉に入りたい!」なんてことは望まないのです。

こんな内容がみつろうさんの本に書かれていたのですが、これって大事なポイントです。


別な角度でこの例を展開すると…

金持ちになりたい!

って、願った時点で、宇宙はそれを叶えるためにどうするか?

金持ちになる… ということを実現させるためには、金持ちでない状況でないと成立させることができません。

つまり、宇宙はちゃんと、Aさんを金持ちじゃない状況にしてくれます。

金持ちになりたい!と思うためには、貧乏に、あるいは、自分には全然お金が足りない…
という状況にならないといけないのです。

若干ややこしく感じるかもしれませんが、じっくりと考えてください。


実際の例で考えてみてもわかります。

世界一の大富豪と言われているビル・ゲイツは「金持ちになりたい!」と念願しているでしょうか?

たぶん、そんなことは思ってないはずです。

なぜなら、ビル・ゲイツはすでに大金持ちだからです。

温泉に入っている人が、温泉に入りたい! と願えないように、

金持ちは、金持ちになりたい! とは願えないのです。

ここに大きなヒントがあります。



もう一度、Aさんに話しを戻します。

金持ちになりたい!というAさんの願いを宇宙が実現させるためには、Aさんを金持ちじゃない状況に、お金が足りない! と思っている状況にさせないと、実現させることができないのです。

そして、覚悟しないといけないのは、
Aさんが一度貧乏になって、その後、金持ちになるか?
というと、決してそうはならないのです。

「金持ちになりたい!」

と思い続けている限り、

延々と、金持ちになりたい!
と願い続けている
(貧しい)自分が実現し続けるのです。


これがわかってないと、永遠に引き寄せの法則の罠にハマり続けることになります。

でも、実際に私はもっと金持ちになりたいんです!

幸せになりたいんです!

じゃあ、どうやって宇宙にオーダーしたらいいの?

その方法は実はあります。

しかもものすごくシンプルで簡単なんです。

そして、実際に世界が変わりはじめます。


次回の記事にて公開しますね。
(明日、更新する予定です)


当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧



2017年10月27日金曜日

受容・許しの本当の意味

受容

とか

許し

という言葉はスピリチュアル界隈では

目覚めとか悟るための大切なキーワードとして度々出てきます。

みんな、誰もが、苦しみたくないのです。

苦悩から開放されたいのです。

苦痛を避けるために、物質主義者は物欲を満たそうとします。

モノや地位やパワーを得ることで、安心を得たいのです。

でも、物質主義者に心の平穏が訪れることは永遠にありません。

なぜなら、どれだけ欲しいと思っていたモノでも異性でも、それを手に入れた瞬間から満たされた気持ちは急速に冷めていきます。

あるいは富でも地位でも、それを手に入れると、それが大きな満足感や安心感を与えてくれるものであればあるほど、今度は

それを失ったらどうしよう…

と失うことの恐怖や不安・心配を抱えて生きることになります。

どこまでいってもゴールに辿りつけないのです。


一方…

スピリチュアルに目覚めつつある人は、苦悩から開放されるために悟りを求めます。

物欲に溺れずに、内面の平和を求めます。

多くの覚者が受容とか、許しの大切さを説いています。

ただ、この受容、許し… については、その意味を本当に理解していないと、いくら悟りを求めても、余計に混乱し、苦悩が深まることすらあります。

人に傷つけられた時、攻撃された時、その相手を許さないといけない。

許すことで平安が訪れるはず…

という意味ではないのです。


大切な人を失ってしまった時、その痛みを受容しなくては…

ではないのです。


いい人にならなければ… とか
いい人であろう… という思いが強いほど、苦しみは深くなりがちです。

なぜなら、この世界の常として、人生には困難な場面は訪れるし、耐えられないような痛み、喪失を経験しない人はいないからです。

そんな時に無理に感情、湧き上がってくる怒りや悲しみを無理に抑えこむなんてことはできないし、それを自分に無理強いすればするほど、そうできない(受容できない)自分を責めてしまいます。

そうではないのです。

受容も許しも

怒りを覚えている自分、悲しみを感じている自分を受容するのです。

そんな自分を許すのです。


そして、不思議なことに

そうやって自分を心から受容し、許すことが真にできるようになると、他人や、この世界を受容し、許せるようになるのです。

この宇宙に存在するものは全て、神が創造したものです。

そもそもとして、全てが許された存在だから、この世界に存在しているのです。

あなたも、私も、あの人も、この世界に生きている時点で、すでに神に許されているのです。

全ての人が、すでに最初から神に、宇宙に、サムシング・グレートに、大いなる一に、受容されているのです。

受容、許し
というのは、神が行うものなのです。

行う… というよりかは、神という存在そのものが許しであり、受容なのです。




じゃあ、私たちはどう生きればいいのか?

喜怒哀楽という感情をおもいっきり表現して、肉体を持って生まれた、今回の生を思いっきり楽しんだらいいのです。

悟りたい… 目覚めたい…
と渇望して、
感情を殺して、
嫌なことがあっても相手を許さねばと我慢して
大切な人を失っても、受容せねばと、感情を殺す…

そんなドMなことをしても、混乱するだけで、事態は好転しません。

我慢大会をするめに僕たちは生まれてきたわけじゃないんです。

僕たちは生まれた時点で、誰もが神に許された存在です。

そして、誰もが、望んでこの世界に生まれてきたのです。

なぜか?

それは、体験するためです。

神である私、神の一部である私が、肉体を持って、この地球という星で、ものすごくエキサイティングな人生ゲームを楽しむために、そのために私達は生まれてきたのです。

そして、誰もが何らかのミッションを持って生まれてきました。

ただ、この人生ゲームは極めて自由度が高く、神として生きることも獣として生きることも可能なのです。

神として生きれば必然、人生ゲームはより楽しいもの、美しいものになります。

獣(のような心の人間)として生きれば、人生ゲームはより困難なものになるでしょう。

でも、誰もが自由意志でそれをやっているのであり、善悪美醜、全て込みで、神はこの世界の全てを受容し、許しているのです。

だから、人間の立場で、誰かを裁いたり、許したり… なんてことは本来は必要ないのです。それは神の仕事です。

僕たちは、1人のプレイヤーとして、超絶リアルな、この人生ゲームをおもいっきりプレイすればいいんです。

踊るのが好きであればダンサーに

歌うのが好きであればシンガーになればいいのです。

世界を救いたければ救世主になればいいし、

社会に貢献したければボランティアをすればいいし

世の中を変えたければ政治家になってもいいし、運動に身を投じたらいいのです。


富を築きたければ起業すればいいし、

一攫千金をゲットしたいなら宝くじを買えばいいのです。


学校に行きたくない! のであれば行く必要なんて全くないし

東大に行きたい! のであれば、全力で受験勉強に打ち込めばいんです。


安定がほしいのであれば、公務員になればいいし、

組織で働くのが好きであれば、サラリーマンになればいいし、

自由が欲しいなら独立すればいいのです。


登校拒否でも、フリーターでも、ニートでも、サラリーマンでも、専業主婦でも、キャリアウーマンでも、全て自由で、思ったように、生きたいように生きればいいのです。

神、宇宙に誰もがすでに受容され、許されているのです。


もちろん、悟りを目指すのもオッケーです。



受容と許し
それは神の仕事です。

私たちは、自由な肉体を持つ魂として、この世の生を謳歌すればいいんです。

で、チャレンジすれば失敗することはあるし、時に人を傷つけたり、傷つけられたりしながら生きるのが人生です。

怒りが湧いてきた時にはしっかり怒り

悲しい時には我慢せずに思いっきり泣けばいいのです。

そして嬉しい時には、思いっきり喜んだらいいんです。

あるがままの自分を受け入れ、許すのです。

そして、他人のあるがままも受け入れ、許すのです。

でも…

どうしても…

あの人だけは許せない〜!

と思うのであれば、許せないと思っている自分を許してあげてください。

弱い自分を、感情に振り回される自分を受け入れてあげるのです。


あるがままの自分、あるがままの世界を受け入れる
これは、もはや悟りです。

悟った人は、みな言っています。

悟る前も、その後も、世界も日常も沸き起こる感情は一切変らない
と。

悟った後でも、肉体的な苦痛はやっぱりやってくるし、痛みは感じます。
大切な人の死に目に会えば、悲しみをしっかり感じます。

私たちと何ら変わりはないのです。

唯一違うのが、内面であり、受け止め方です。

悟った人は、神にサレンダー(降伏・明け渡し)をした人です。
なので、何が起きても、いろんな感情は湧き上がってきますが、ネガティブな感情と一体化することはありません。

だから、苦悩することはなくなります。





悟った人がよく言うのが

「この世はジョークだ」

というセリフです。



最近やっとこの意味がわかってきました。
(たぶん、ですが…汗)

いつか悟りたい…

苦悩から開放されたい…

と、思っている限り、永遠に悟ることはできないのです。

悟りは

いつか将来の未来にやってくることは絶対にないんです。

どこか遠い場所にあるわけでもないんです。


実は、僕も、あなたも
最初から、神に許された存在であり、
成功も失敗も、喜びも悲しみも、
起ることは全て神・宇宙のシナリオなんです。

人生の大きな岐路にたった時、
右に進むか、左に進むか 
人は悩みます。
後になってから、あの時、逆の道を選択していればよかった…
と、後悔することもありますが、
その選択ミスですら、あなたの人生にとっては必然だったのです。

実際、右を選ぶことも、左を選ぶこともできますが、
どちらも正解なんです。

右でも左でも、自分が選択した道が、あなたの今生にはベストだったのです。

その真実に気がついた時に、大きな安心感に包まれて、開放がおきます。

そして、怒ってもいい、泣いてもいい、失敗してもいい
自分は最初から神に許されていたんだ…
ということがわかった時に、神の絶大な愛に気づくことができます。

絶対の安心立命が確立されるのです。

この状態が悟りです。

このことが理解できれば、あなたはもう目覚めているのです。


つまり、あるがままのあなたでいいんです。
いや、あるがままのあなたこそが悟っているのです。

最初からあなたは悟っています。

という言葉も覚者はよく言います。


目指すべき悟りは、最初から、〝いまここ〟のあなたの中にあった

というわけです。

一生懸命、真実を追い求めて、世界を旅して、修行をして、悟りも求めたのに、悟れず、最後に全てを諦めて、サレンダーして、もういいや… あるがままの自分でいいや…
と心底から思えた瞬間に悟りがやってくる

このことを覚者は
「この世はジョークだ」
と言っているのです。
(と僕は理解してます)


つらつらと書いてきましたが、僕があなたに伝えたいことは…

あなたはあなたのままでいいし

誰かのことを許せなくてもいいし

許せない自分を許してあげてね

ということです。

そして、あなたも、私も、あの人も

みんな神さまから許されているんだよ

ということです。


いやいや! でも、テロとか殺人とか、この世の不条理はどうなのよ!

と思うこともあると思います。

あのテロだけは、あの事件の犯人だけは、あの○○だけは許せない!

それもオッケーです。

許す必要はないし、逆にそう思っている自分のことは許してください。


でも、あまりにも許せないこと多い、世界はストレスに満ちている
生きるのがしんどい…

そんなふうに感じているとしたら、きっとそれはまだ自分を許せてないし、あるがままではない… という状態なんだと思います。


僕の場合はうつ病で一度完全に落ちてしまって、自尊心とか虚栄心とか、そんな意識が完全にクラッシュしました。

そして全てのことにサレンダー(降伏、神へのあけわたし)しました。

一度、自分を捨てた人間って強いと思います。

あの時、死んでてもおかしくなかった自分にとったら、今の時間って、オマケっていうか、ボーナスタイムみたいなもの… って思ってるんです。

そして、過ぎ去ってわかったことは、人生最悪の出来事と思っていたうつ病こそが、人生最大の神の贈り物であったということです。

この事実から、やっぱり、起ることは全て必然でベストで善き事なんだ…
ってことが、完全に理解できました。

だからもう抵抗せずに、川の流れにのって人生を楽しもう〜!
って思ってるんです。本心から。

そうしたら、どんな時でも安心して選択できます。

大きな選択をする時でも、リスクとか考えずに、ワクワクするほうをビビらずに選択できるようになりました。

だって、どんな結果になろうとも、それが正解だとわかっているので。

あと、人の評価とか、他人の視線も気にならなくなりました。

僕は僕でしかないので、大きく見せる必要はないし、あるがままの僕を好きでいてくれる人と付き合っていくだけなので。

そう思っていると、切れる縁は切れていくけど、全く気になりません。

逆に、波長の合った人との縁が新しく生まれます。

全ての人や、物事に常にオープンマインドで接するようにしています。

そんなふうに開き直っていきていると、もう恐怖とか、不安とか、怯えとかなくなります。

ある意味、無敵状態です。



自分の弱いとこも、いいとこも、ちゃんと認められるようになったし、あるがままの自分を受け入れることができるようになりました。

その上で、日々向上したい… と思っているので、その想いをちゃんと尊重して、自分をコントロールしています(時間管理とか、自分磨きとか、ランニングとか筋トレとか…)。

で、サボりたい時には、そんな自分も許しています。

ナチュラルに

生きようと思っています。




一時期はスピリチュアルに傾倒して

悟りたい…

と願っていた時期がありました。

瞑想ばかりしている時期がありました。


今は、悟りたい…
とか、ほとんど思わなくなりました。

瞑想はほぼ每日してますが、悟りを目指してやってるわけではありません。

ただ、今は、每日が本当に嬉しくて、楽しくて、いろんなことに感謝しながら生きることができるようになりました。


何が言いたいかというと、もし…
この文章を読んでくれているあなたが、
ストレスを抱えていたり、悩みとか、しんどさを抱えているのであれば、
少しでも楽になってほしい

それだけを思って、今日は記事を更新しています。

で、楽になる方法ってのが…

★自分を許す

★許せない自分も許す

★喜怒哀楽を爆発させてOK

★失敗してもOK

★選択ミスなんてない

★人生には善きことしか起こらない
(一見悪く思えることも起きます。でも長い目で見れば善きことなんです)

★悟っても、同じ日常が続きます
(善きことも、そうでないことも同じように起きます。ただ、自分の受け止め方が変化しているので、苦悩をすることはなくなります)

★あなたは最初から許されている

★あるがままの自分を受けれた時… それが悟り かも…

★未来にも遠いどこかにも悟りなんてない、それは自分の中に最初からある。これってジョークだね…

こんなふうに思って生きていると、本当にいいことばっかり起こるし、人生が楽しいです。


楽に、ナチュラルに、喜びを持って、あるがままに生きていきたいですね。

あゆむ 拝
(*^_^*)



当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧




2017年9月20日水曜日

自分を買いかぶることは、自己嫌悪に陥るより軽い卑しからぬ罪である。

自分を買いかぶることは、 自己嫌悪に陥るより軽い 卑しからぬ罪である。ウィリアム・シェークスピア


自分を買いかぶることは、自己嫌悪に陥るより軽い卑しからぬ罪である。

これは、ウィリアム・シェークスピアの言葉です。

僕はシェークスピアについて造詣が深いわけでもありませんが、この言葉はものすごく心に刺さりました。

そして、誰にとっても大切なメッセージだと思います。

まず、自分を買いかぶる…

ということは、ことに同調圧力の強い、日本では〝悪〟と思われがちです。

自信家

という言葉にも、どこか批判めいた雰囲気が漂います。

でも、自信家でいいんです。

自信というのは…
まさに〝自分を信じる〟
ということです。

これは本当に大切なことで、自分が自分を信じてなくて、一体そんな自分を他人が信用してくれるでしょうか?

自分を信じる… ということは、すなわち自分を愛する。ということと同じです。

そこが全ての出発点です。

自分を愛せないから、人を、世の中を批判してしまうのです。

そして、人を変えよう… として、そこに様々な軋轢を生み、苦悩が発生します。

自分を信じる人、愛する人はまた、他人のことも信じ、愛することができます。

自分のあるがままを愛し、受け入れることが出来る人はまた、他人のあるがままを認めることができるのです。

もう一度、シェークスピアの言葉を引用します。

自分を買いかぶることは、自己嫌悪に陥るより軽い卑しからぬ罪である。

この言葉を別の側面から見ると…

自己嫌悪というのは、重くて卑しい罪である。

という意味でもあります。

そうです、自分を愛せない、自分を認められない、自分に自信がない…
つまり、自分が嫌い…
という感情は、重くて卑しい罪なんです。

確かに、人間は時に失敗もするし、人を傷つけることもあります。

おそらく全ての人が、その成長の過程で、

親に、教師に、友人に、上司に、叱責された経験があるかと思います。

そういった失敗や嫌な感情を繰り返すうちに、誰もが自信を失い、自分の嫌なところばかりに目がいって、自己嫌悪に陥りがちです。

でも、自己嫌悪というのはマイナスの感情で、プラスのものは一切生み出しません。

逆に
自尊心、自己肯定感というのは、プラスの感情で、そこからは素晴らしいものが生まれてきます。

そして、自己肯定感の強い人は、他人のことも自分同様に肯定することができます。

たぶん、僕達は、特に日本人というのは、真面目すぎて、責任感が強すぎて、いろんなことにがんじがらめになっている… そんな気がします。

もっと、ふわっと、シンプルに人生を楽しむ
という視点が必要なのかもしれません。

僕にも欠点はたくさんあります。

奥さんにも、しょっちゅう叱られています…

でも、自分の中の神、神である自分を信じています。

あなたの中にも当然神はいます。

そしてあなたも神です。

神である自分に自信をもって愛してください。

PS
僕たちは、体験するために生まれてきました。
VRゲームもぶっとぶ、超絶リアルな人生ゲームを僕たちは生きています。
そこには本当の意味での失敗なんて体験はありません。
全ての起ることに意味があるのです。
魂の成長のために必要な、善き事しか本当は起きてないのです。

それがわかっていれば、人生の選択肢に迷うことはなくなります。

なぜなら、 右の道でも、左の道でも、どちらの道も正解だからです。

また、過去の失敗とか、後悔…

選択を失敗してしまった…

あの時、こうしていれば…

ということも一切考える必要はないんです。

あなたの魂にとって、それが必要だから、ただそれが起こったんです。

なので、安心して、宇宙を信じて、次はどんな展開が待っているんだろう?

と、ワクワクしながら、日々、自分を磨き、最善を尽くす。

自分を信じ、自分を愛し、人を愛する。

これが、この人生ゲームを楽しむための最大のコツです。


PS2
僕は40歳を目前に、欝病になりました。
仕事も出来ず、家から出ることもできなくなりました。
頭の中が常にぐるぐるまわっていて、目眩がして、何もできず本当に苦しかったです。

足元がずっと揺れている感覚があって、世界から切り離されたみたいで、もうまともな人間には戻れない… という恐怖がありました。

当時はそんなふうには全く思えなかったけど、それを通り抜けた今思っていることは…

うつ病こそ、僕の人生で起きた最大の神からの恩寵であった。

ということです。

一度、自分を捨てて、全てゼロからリスタートしたことで、やっと本当の自分に戻ることができました。

ありのままの自分

あるがままの自分

に、やっとOKが出せるようになりました。

あるがままの自分のOKを出せるようになると、本当に人生が楽になりました。

これからも、失敗したり、泣いたり笑ったりしながら、リアル人生ゲームを、愛する人と共に楽しんでいこうと思います。
(*^_^*)


編集後記

本日紹介したシェークスピアのこの言葉
↓  ↓  ↓
自分を買いかぶることは、 自己嫌悪に陥るより軽い 卑しからぬ罪である。

という言葉はこの本で知りました。
↓  ↓  ↓


著者のドミニック・ローホーさんは
フランス生まれで、日本在住歴30年、現ニューヨーク暮らしで
禅を実践し、シンプルライフを提唱した本を多数出版しています。

この本は、サイズも小さくて、ページも少なくて、オールカラーでイラストもたっぷりで、すごく読みやすいです。

それでいて、大切なことが凝縮されてコンパクトに書かれています。

この本に書かれていることを僕も生活に取り入れていこうと思います。



当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧