2017年9月20日水曜日

自分を買いかぶることは、自己嫌悪に陥るより軽い卑しからぬ罪である。

自分を買いかぶることは、 自己嫌悪に陥るより軽い 卑しからぬ罪である。ウィリアム・シェークスピア


自分を買いかぶることは、自己嫌悪に陥るより軽い卑しからぬ罪である。

これは、ウィリアム・シェークスピアの言葉です。

僕はシェークスピアについて造詣が深いわけでもありませんが、この言葉はものすごく心に刺さりました。

そして、誰にとっても大切なメッセージだと思います。

まず、自分を買いかぶる…

ということは、ことに同調圧力の強い、日本では〝悪〟と思われがちです。

自信家

という言葉にも、どこか批判めいた雰囲気が漂います。

でも、自信家でいいんです。

自信というのは…
まさに〝自分を信じる〟
ということです。

これは本当に大切なことで、自分が自分を信じてなくて、一体そんな自分を他人が信用してくれるでしょうか?

自分を信じる… ということは、すなわち自分を愛する。ということと同じです。

そこが全ての出発点です。

自分を愛せないから、人を、世の中を批判してしまうのです。

そして、人を変えよう… として、そこに様々な軋轢を生み、苦悩が発生します。

自分を信じる人、愛する人はまた、他人のことも信じ、愛することができます。

自分のあるがままを愛し、受け入れることが出来る人はまた、他人のあるがままを認めることができるのです。

もう一度、シェークスピアの言葉を引用します。

自分を買いかぶることは、自己嫌悪に陥るより軽い卑しからぬ罪である。

この言葉を別の側面から見ると…

自己嫌悪というのは、重くて卑しい罪である。

という意味でもあります。

そうです、自分を愛せない、自分を認められない、自分に自信がない…
つまり、自分が嫌い…
という感情は、重くて卑しい罪なんです。

確かに、人間は時に失敗もするし、人を傷つけることもあります。

おそらく全ての人が、その成長の過程で、

親に、教師に、友人に、上司に、叱責された経験があるかと思います。

そういった失敗や嫌な感情を繰り返すうちに、誰もが自信を失い、自分の嫌なところばかりに目がいって、自己嫌悪に陥りがちです。

でも、自己嫌悪というのはマイナスの感情で、プラスのものは一切生み出しません。

逆に
自尊心、自己肯定感というのは、プラスの感情で、そこからは素晴らしいものが生まれてきます。

そして、自己肯定感の強い人は、他人のことも自分同様に肯定することができます。

たぶん、僕達は、特に日本人というのは、真面目すぎて、責任感が強すぎて、いろんなことにがんじがらめになっている… そんな気がします。

もっと、ふわっと、シンプルに人生を楽しむ
という視点が必要なのかもしれません。

僕にも欠点はたくさんあります。

奥さんにも、しょっちゅう叱られています…

でも、自分の中の神、神である自分を信じています。

あなたの中にも当然神はいます。

そしてあなたも神です。

神である自分に自信をもって愛してください。

PS
僕たちは、体験するために生まれてきました。
VRゲームもぶっとぶ、超絶リアルな人生ゲームを僕たちは生きています。
そこには本当の意味での失敗なんて体験はありません。
全ての起ることに意味があるのです。
魂の成長のために必要な、善き事しか本当は起きてないのです。

それがわかっていれば、人生の選択肢に迷うことはなくなります。

なぜなら、 右の道でも、左の道でも、どちらの道も正解だからです。

また、過去の失敗とか、後悔…

選択を失敗してしまった…

あの時、こうしていれば…

ということも一切考える必要はないんです。

あなたの魂にとって、それが必要だから、ただそれが起こったんです。

なので、安心して、宇宙を信じて、次はどんな展開が待っているんだろう?

と、ワクワクしながら、日々、自分を磨き、最善を尽くす。

自分を信じ、自分を愛し、人を愛する。

これが、この人生ゲームを楽しむための最大のコツです。


PS2
僕は40歳を目前に、欝病になりました。
仕事も出来ず、家から出ることもできなくなりました。
頭の中が常にぐるぐるまわっていて、目眩がして、何もできず本当に苦しかったです。

足元がずっと揺れている感覚があって、世界から切り離されたみたいで、もうまともな人間には戻れない… という恐怖がありました。

当時はそんなふうには全く思えなかったけど、それを通り抜けた今思っていることは…

うつ病こそ、僕の人生で起きた最大の神からの恩寵であった。

ということです。

一度、自分を捨てて、全てゼロからリスタートしたことで、やっと本当の自分に戻ることができました。

ありのままの自分

あるがままの自分

に、やっとOKが出せるようになりました。

あるがままの自分のOKを出せるようになると、本当に人生が楽になりました。

これからも、失敗したり、泣いたり笑ったりしながら、リアル人生ゲームを、愛する人と共に楽しんでいこうと思います。
(*^_^*)


編集後記

本日紹介したシェークスピアのこの言葉
↓  ↓  ↓
自分を買いかぶることは、 自己嫌悪に陥るより軽い 卑しからぬ罪である。

という言葉はこの本で知りました。
↓  ↓  ↓


著者のドミニック・ローホーさんは
フランス生まれで、日本在住歴30年、現ニューヨーク暮らしで
禅を実践し、シンプルライフを提唱した本を多数出版しています。

この本は、サイズも小さくて、ページも少なくて、オールカラーでイラストもたっぷりで、すごく読みやすいです。

それでいて、大切なことが凝縮されてコンパクトに書かれています。

この本に書かれていることを僕も生活に取り入れていこうと思います。

2017年9月12日火曜日

成功するためのたった2つの法則

成功するためのたった2つの法則


成功するためのたった2つの法則を紹介します。

法則1
自分が成功したいこと、手に入れたいもの、ありたい姿…
などについて常に思考する。

法則2
成功するために必要な行動をする。

以上の2点です。

これは僕のオリジナルの考えというわけでもなくて、多くの自己啓発書とか、成功者の書いた本に書かれている内容です。

実際に、起業家であれ、アスリートであれ、
成功している人というのは
常に成功することを考え、理想の姿をイメージしています。

そして、成功や理想の自分を実現するために、
その想いを形にするために
自分を磨き、仕事やトレーニングに打ち込みます。

だから成功するのです。


この法則は、逆も真なりです。

不幸な人、成功していない人の多くは
常に、自分が不幸であることを恨んだり
世の中が悪い、会社が悪い、アイツが悪い…
と、マイナスなことを常に考えています。

すると、当然のことながら、さらに悪いことが起こります。

引き寄せの法則

が発動するからです。

それが良いことであれ、悪いことであれ、
その人が常に考えていること、その人の想念通りの現実が、どんどんと実現していきます。


まずは想念…つまり、

自分が何に意識をフォーカスしているのか?

ここが全てのスタートです。

成功したいなら、常に成功することだけを考えるのです。


でも、私たちは人間です。

失敗したらどうしよう…

そういう不安や心配は誰にでもあります。

成功者であっても、当然、過去には大きな失敗を体験したり、立場が大きくなればなるほど、責任感も大きくなるので、不安や心配は当然起こります。

でも、成功者はそこで不安に飲み込まれることはありません。

成功者はそういう心配や不安が出てきた時には

では、失敗しないために、最善を尽くそう

と、行動をします。

失敗する確立を限りなく無くすために、そして成功する確立を限りなく高めるために行動します。

行動することで、不安は小さくなり、成功するイメージが高まり、実際に成功の芽が出てきます。

そうなると、成功のイメージはだんだんと確信へと変わり、ますます行動に自信を持ち、情熱を傾けるようになります。


スピリチュアル本や、引き寄せの法則関連の本で気をつけないといけないのは…

想い

だけではダメだということです。

私たちは、スピリチュアルな霊的存在であると同時に、生身の肉体を持つ人間です。

どちらかだけではダメなんです。

成功する! という想いは霊的な世界の属しています。

実際に行動する という行為は体的な世界に属しています。

その霊と体が一致した時には、ものすごく大きな力が出て、奇跡と呼ばれるようなことも起きます。

地球は行動の星

ということを忘れてはいけません。

全ての偉業や成功は、実際の行動によって成されてきました。

ただ、瞑想したり、祈っているだけでは何も変りません。



この法則の素晴らしいところは、誰がやっても必ず発動する

というところです。


成功するイメージを持つ、
そして、そのための行動をする。


これだけで、これを実践するだけで、必ず誰でも成功できます。

そして、その実現するためのスピードは、

想いの強さ

実際の行動力

に比例します。



成功したい!
と思いながら、ゲームをしたり、スマホで遊んだり、テレビをダラダラみたり…
それではなかなか宇宙は動きません。

成功している人は
日々、成功のために必要なこと
本を読み、勉強し、身体を鍛え、
やるべきこと、やりたいことに集中して、実際に手を動かし集中して仕事をします。

当然の結果として、成功します。

やればやるだけ、その熱量と集中力が高いだけ、実現のスピードは加速します。

とてもシンプルな法則です。

まずは想い
そして行動

これが成功するためのたった2つの法則です。



編集後記

偉そうなことを書いてしまいましたが、僕が今、心からそうだ!
と思っていることなので、シェアしました。

自分の体験からいっても、この法則は確かなものだと思っています。

一時期、引き寄せの法則関連の本や動画ばかりを見ていた時期がありました。
それまではお金に対する罪悪感があったりしまして貧乏マインドに支配されていましたが、あるタイミングで大きなパラダイム・シフトが起きて

よし! 豊かになろう!

と、心から思えるようになりました。

そして、バカみたいに行動しました。

それこそ寝る間も惜しんで行動しました。

その結果、1ヶ月の収入がそれまでの年収を超えるようになりました。

かなり豊かになりました。

渋谷のコジャレたお店で
シャンパンタワーをしたこともあります。

有頂天になっている自分がいました。


ただ、まだ根っこの部分が昔のままだったのかもしれませんが、成功したら今度は失敗したらどうしよう…
この豊かさはいつまで続くんだろう…

そんな不安が出てきました。

恐怖や不安のフォーカスしたことで、見事に宇宙は僕の期待に応えてくれました。

天国から地獄

僕の収入は一気に減り、貯金はどんどん減っていきました。

でも、この悪夢のような期間も僕の人生にとっては、必要な有意義な期間だったと思っています。

この苦しい時期には
瞑想したり、スピリチュアルに傾倒して、自分を励ましたり、そこに救いを求めている自分がいました。

心の平穏は別として、経済的な意味でいうならば、奇跡は起こりませんでした。

そして、いろいろな想いの変遷を経て、本日紹介した、2つの法則を意識して、実際に行動を起こしました。

すると、宇宙はやっぱり期待に応えてくれました。

豊かさの流れがまたやってきました。

今は、その流れに感謝して、日々行動しています。

有頂天にならず、不安も持たず
ただ、宇宙に感謝して、人に感謝して、何かを返せるように、がんばっていこうと思います。

おすすめの本

今日書いた記事はこの本
「大切なことだけやりなさい」
ブライアン・トレイシー著
にインスパイアされて書きました。
↓  ↓  ↓


スピリチュアル本ではないですが、人生で成功するためのノウハウが書かれています。

ビジネス面はもちろん、健康や家族に関しても、バランス良く書かれている良書です。

僕は、かなりのスピリチュアル本マニアであると同時に自己啓発書マニアでもありますが、この本はけっこうオススメです。

まず、読みやすい!

そして、抽象的な精神論ではなく、具体的にどう行動すれば良いのか

について書かれているので、自分の生活にすぐに取り入れることができます。

僕は本を読む時に
大切なことが書かれているページ
自分の生活に取り入れたいことが書かれているページ
は、後で読み返せるように、ページの角を折っているのですが、
この本は、かなりのページの角が折られています。

成功したい

幸せになりたい

そう思っている人にとっては、具体的なヒントが多数書かれている良書です。

当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧

2017年8月25日金曜日

問題なんて何もない

問題なんて何もない


問題なんて何もない…

という美しい真実をあなたは受け入れることができますか?

でも、これって本当にそうなんです。

世の中のほとんど全ての問題って

過去の失敗

あるいは

未来への不安

そこにフォーカスしているから問題を抱えているような気分になってしまいますが

本当にまさに

今という瞬間

あなたに何か問題が存在しますか?

と問われるとどうでしょうか?

この〝今〟という瞬間には問題は存在しない。

という事実については、エックハルト・トール先生の、この本(原題はPower of Now)を読めば、腑に落ちるかと思います。
↓  ↓  ↓


いやいやいや…

確かに今この瞬間には問題がないとしても、実際には

仕事のこと
家族のこと
お金のこと
健康のこと

解決すべき問題は厳然としてあるんです!

と、私の中のエゴが叫ぶかもしれません。

確かに人生の中では

取り組むべき問題

解決すべき問題

と思えるものは確かに存在するかもしれません。

でも、それは本当に問題なのでしょうか?

例えば、お金が不足している… 生活が苦しい…

という問題があったとします。

でも、それの見方をちょっと変えて

お金を稼ぐための勇気あるチャレンジに私は取り組んでいる

成長する機会を今与えられている

そんな風に見方を変えることもできるんです。

お金がない… 苦しい…
問題だ…

と、延々と悩み続けていても、天からお金は降ってこないし、四六時中

私はお金がない!

というメッセージを宇宙に送り続けていることになるので、引寄せの法則の観点からいっても、ますますお金がない! という現実を引き寄せるだけです。



それでも、本当に苦しいんです…

つらいんです…

ということも人生の中ではあると思います。

僕にもそんな瞬間がたくさんありました。
(今はないですけど)

これを乗り越える秘訣は…

もし本当に問題が存在するのであれば、その問題を受け入れることです。

サレンダー(降伏、あけわたす)することです。

本当に問題を心の底から受け入れることができた時、その瞬間から問題は問題ではなくなります。

例えば…

彼氏に振られて生きるのが辛い…

という女性がいたとします。

彼女にとっては大問題です。

もう何もする気力も起きません。

でも、彼女がそうなってしまったのは、彼女自身が

彼氏に振られた

という現実を、問題を受け入れることができないからなんです。

つまりは

執着

というやつです。

彼氏に振られた

これは現実です。

でも、問題ではありません。


例えば…

そんなふうに落ち込んでいた女性ですが、気持ちを切り替えたとします。

とにかくこの経験をバネにして、前を向いて歩こう!

そんなふうに決意します。

そう思った、次の日、福士蒼汰くんそっくりのイケメンで性格も最高な男性に偶然出会います。

そして縁あって告白されて、付き合うことになったとします。
(しかもこの女性はずっと福士蒼汰の大ファン)

新しい彼氏は本当に誠実で優しくて、デートでは最高の気分を味わいます。

この時、彼女は、前の彼氏に振られたショックを問題と考えているでしょうか?

おそらく、もう

あんなつまんない男と別れて良かった〜〜〜

ぐらいに考えていて、とてもじゃないけど、問題だとは思ってないでしょう。

ということは、彼氏に振られる

ということ自体が問題なんじゃないんです。

彼氏に振られたことは問題だ… と思っている自分が問題を作りだし、それに執着しているだけなのです。

上記は一例ですが、それが金銭問題であれ、人間関係であれ、健康問題であれ、全ての問題は、自分が問題だと思っているから問題になる。それだけです。

すべての問題と思えることに対して

これは
人生のチャレンジ
とか
成長の機会
とか
自分を見つめなおすチャンス

そんなふうに、気持ちの持ちようを変えることができれば、それは問題ではなく、まさにチャンスなわけです。

そして、不思議なことに

問題(と思えることに)対して、受け入れ、サレンダーすると、たいていの場合、事態は好転します。

本当に問題だと思っていたことが、知らず解決したり、問題だと思えなくなるような状況になります。

過去も、未来も幻想で、確かに存在するのは〝今〟だけです。

その今に、感謝し、善処し、味わう

もう、それしかないのです。

そして、それが出来ている人は人生の達人で、マスターです。

悟っている人です。


僕たちは、いろんな体験をしたくて、この世に自ら望んできて生まれてきました。

なので、落ち込んだり、悩んだり…
それもまたよし だとは思います。

苦しみの果てに、本当の自分に帰る
神に帰る
ということもあるわけです。

僕もうつ病がきっかけで、本当の自分に帰り始めることができました。

そして瞑想をしたり、スピリチュアルな本を読んだりして、少しずついろんなことがわかってきました。

そして、今思っていることは…

やっぱり人生はおもしろい!  

ってことです。

まあ、いいことも、そうでないことも起るのが人生です。

それは当たり前なんです。

でも、どんな問題(と思えること)が起きても

おお…
おもしろいミッションが起こったな
とか
この後、どんな展開が待っているんだろう?

そんなふうに思うとワクワクしてきます。
そして、目の前のことだけに、今にフォーカスして、善処し、チャレンジすると、このリアル人生ゲームは俄然おもしろくなってきます。

えらそうに、こんなブログを書いてますが、たぶんの僕の生活をリアルに真横で見たら

いやいや… あゆむさん! アンタの人生問題だらけやん!

って、びっくりするかもしれません。

世間の常識から見たら、たぶん僕の人生とか生活って、かなり問題があるだろうな… と思ったりもします。

実際、本当に仲の良い友達からは心配されたりもします。

でも、僕自身は本当に心配してないんです。

なるようなる!

そして

なるようにしかならない!

と思っているからです。


何が起こっても大丈夫!

そう信じているんです。


それはやっぱり僕が

ユニバースを信じているからです。

宇宙と神、自分を、そして人を信じているからです。

あるがままに生きていこう

そんな風に思ってます。


リアル人生ゲームを一緒に楽しみましょう!

そして、いつかどこかで会いましょう!

(*^_^*)


PS
こんな風に生きだしてから、本当に不思議なぐらいにいいことしか起こらないです。
もしかしたら、よくないことが起こっているのかも知れませんが、僕自身が問題と思ってないので、問題は何もないんです。

でも、おもしろいな…
ということはたくさん起きています。

これがどんな展開になっていくんだろう?

と思うことはたくさん起きています。


当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧


2017年7月2日日曜日

変えられるのは自分だけ

変えられるのは自分だけ


いつも仕事をさぼっている同僚…

間違いだらけの日本の政治…

人を騙して儲けている人たち…

不倫をしている芸能人…

家事を手伝わない夫…

人の悪口ばかりいっているご近所さん…


けしからん!


と怒りやフラストレーションを感じてしまいがちです。


間違っている!


と、その人たちは変わるべきだ

と思ってもそれは無駄なことです。


みなそれぞれが、それぞれの正義をもって、自分は正しいと思って生きているのです。

そして、それぞれが、それぞれの目的を持ってこの世に生まれ、それぞれの学びをしているのです。

あなたが、あるがまま、自分らしく生きたいのであれば、他人のあるがままも認めなくてはなりません。

世界を変えたい

とか

平和な世の中にしたい

と、思うのであれば、まず自分自身が幸せに、自分の中に平和を作らないと何もはじまりません。

変えられるのは自分だけです。

しかも、今この瞬間から変わることができるのです。

世の中や他人への無駄なストレスや思考を手放す。そして自分の人生を生きる。

それだけでずっと身軽になれます。

そして、自分があるがままで幸せに生きていると、必ず周囲にもその善き影響が伝播します。

今日という一日、自分のやりたいこと、心地いいこと、そこだけにフォーカスして生きる。

せっかくこの世界に肉体を持って生まれてきたんだから、思いっきり人生を楽しみましょう。




当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓

2017年7月1日土曜日

生命エネルギーの使い道

生命エネルギーの使い道


僕が実践している、幸せに生きるコツをシェアします。

それは何かというと、

生命エネルギーを正しく使う

ということです。


人間とはエネルギー


この世に存在する全てはエネルギーで出来ています。

僕は、科学者でも何でもないので、これは学んだ知識ですが、人間も含めた全ての物質は原子からできていて、それをもっとミクロの世界で見ると、その原子は素粒子から出来ていて、その素粒子をもっと小さく究極までミクロの世界で見ると、最後はエネルギーになるそうです。

これは、量子物理学の世界では、現時点ではそういう結論に達しています(だそうです)。

また、スピリチュアルの世界では、全てはエネルギーで出来ている… 

というのは、ずっと昔から言われています。

引き寄せの法則は、トンデモ本も多いですが、その全てが間違いというわけでもなくて、心に描く思いはエネルギーを持っている。

というのは真実だと思うし、

本当に強く心に思えば、そのエネルギーが物質化する

というのも、ありうる世界だと思っています。


イチロー選手はなぜ成功したのか?


まあ、難しい話はこのあたりでやめておきますが、普通にシンプルに考えてみると、このエネルギーの持つ力というのは、僕たちの生きるこの世界を見ているとよくわかります。

例えば…

変な例かもしれませんが…

大リーグのイチロー選手

現在は全盛期を過ぎた感はありますが、日本人野球選手としては、おそらく一番の成功を収めた選手だと思います。

なぜ、イチロー選手は成功することが出来たのか?

それは、全生命エネルギーを野球に注いだからだと思います。

イチロー選手のストイックさはかなり有名ですが、何かのインタビューでこんな発言を聞いたことがあります。

「一日24時間、自分が行っている全てを、何のためにそれをやっているのかを全部説明することができる」

と。

これはつまり、説明のできないような無駄なことは、一秒もやっていない…

という意味だと思います。

きっと、全ての行動を、野球のためにやっているのだと思います。

練習や、野球道具を手入れすることはもちろん野球のため。

食事を取るのも、体調管理という野球のため。

休養するのも、野球のため。

つまりは、イチロー選手は、自分の生命エネルギーを全て野球の使っているんだと思います。

だから、世界一レベルまで野球を極めることが出来たのだと思います。


イチロー選手レベルまでストイックに生きることは誰もが出来ることではないと思います。

ただ、なかなか成功できない人、人生が上手くいかない人…

こういう人はきっと生命エネルギーの使い方を間違えているような気がします。


生命エネルギーの浪費


テレビをダラダラ見たり…

ネットサーフィンをえんえんやったり…

非生産的なことにエネルギーを浪費していることが多いのではないでしょうか?


しかもテレビでやっていることといったら、あの政治家がこんな失言をしたとか…

あのタレントが不倫してたとか…

ネットを見ても

あの国がまた反日しているとか…

マスコミもネットも、圧倒的にスキャンダラスなものや、悲惨なニュースなど、不安や悲しみや怒りを煽るような、つまりはストレスになるような情報にあふれています。

こういったテレビやネットをダラダラ見るのって、かなりのエネルギーの浪費だと思います。

本田圭佑選手とか、羽生結弦選手とか、藤井聡太棋士とかは、おそらく多分、ネットサーフィンを朝までやってしまった… なんてことはないと思います。

イチロー選手同様に、いつでもサッカーに、スケートに、将棋にフォーカスして、そこにエネルギーを注いでいると思います。

これってアスリートに限らずで、普通に世の中で経営者であれ、画家であれ、庭師であれ、成功している人というのは、きっと自分のやっていることが好きで、そしてそれにエネルギーをつぎ込んでいるから成功しているのだと思います。

僕は、成功することが全てだとは思ってません。

普通に、静かに、ささやかな毎日を過ごせることもすごく素敵なことだと思っています。

なので、誰もが思うように、好きに生きるのが一番だと思っています。


真・善・美・愛


これは自分も含めてですが、なんとなく調子が出ない… とか、なんかすっきりしない… そんな時って、自分の気が、つまりエネルギーが四散している時であることが多いと思います。


少なくとも、ハッピーに生きたいのであれば、やっぱりハッピーなものにフォーカスして、そこにエネルギーを向けるべきです。

ハッピーになりたいのに、ホラー映画とか、残酷なドラマとかを見るのは、エネルギーの無駄使いでしかありません。

真なるもの

善なるもの

美なるもの

愛なるもの

こういったものに目を向け、そっちの世界にエネルギーを使うことで、好循環がはじまります。

あとは、瞑想はやっぱりいいです。

とっちらかったエネルギーを鎮めることができます。

あと、世界がどうであれ、世の中がどうであれ、人間関係がどうであれ、自分の内側には、必ず静かな空間があります。

そこは無風状態で、心がどれだけ波立っていても、本当の自分の内側って穏やかに凪いでいます。

心がザワザワする時…

気持ちが焦っている時…

そんな時こそ、ほんの数分でもいいので、目を閉じて、瞑想することをオススメします。


いったん心をニュートラルにする。

この状態から物事をはじめると、上手くいくことがほとんどです。


嫌いなものにフォーカスしない


嫌いな人とか、苦手な人って、あなたにはいますか?

僕は昔はけっこういました…(^_^;)

が、現在は、1人もいません。

なぜなら、嫌いな人のこととかを全く考えないからです。

そんなことにエネルギーを使わないからです。
(使いたくもない。無駄なので)

逆に僕は、大好きな人のことはよく考えます。

スゴく幸せな気持ちになります。



シンプルに短く書こうと思ったけど、なかなか上手く書けないです… 本日は。


生命エネルギーの使い道について今日は書きたかったんです。


テレビやマスコミのマイナス情報をシャットダウンして、マイナスなエネルギーを使わない… 

これは案外誰でも簡単に実践できます。

難しいのは、自分の自我から出てくるマイナスエネルギーです。

実はこっちのほうがはるかに大きなマイナスエネルギーを浪費しています。

しかもほとんど無自覚に!


自我の欲望の失敗確率は100%!?


何ものかになりたい!

と思っている自我

もっとお金がほしい!

と思っている自我

周囲に認められたい!

と思っている自我

愛されたい!

と思っている自我

こういったエネルギーは恐ろしく大きく強いです。

こういった願望って、使い方によってはプラスに働く場合もありますが、実は、最終的には失敗が約束されています。

なぜなら

何ものかになりたい!

と思って、仮にトップアイドルになったとしても、その人気は永遠に続くことはなく、必ず新しいアイドルにその座を奪われる時がきます。

お金がほしい!

成功して、大金をゲットしたとしても、上には上がいるので、もっともっととさらに欲が大きくなるだけです。また、今度はそのお金を失う恐怖が誕生します。

周囲に認められたい!

重要なポストをゲットして有頂天で、そのあとに閑職に飛ばされて欝になった人… 僕の知っている人だけでも何人もいます。

愛されたい!

ラブラブ状態が熱いほど、別れた時の辛さは尋常ではありません。

と、こんな風に、自我の欲望エネルギーって、失敗が約束されているんです。


だからといって、ボウフラのように無気力に生きる…

というのがいいわけでもありません。


僕が今日伝えたいことは…

油断していると、あるいは無自覚でいると、いつだって知らないあいだに、自我(エゴ)の欲望のままに、生きてしまってその結果、求める成果になかなか辿りつけなくてストレスを抱えて生きるのはもったいないな… ということです。

また、世の中のどうでもいいゴシップとかノイズに触れて、そのたびにストレスを感じるのもエネルギーの浪費になるので、もったいないな… ということです。

ちょっと視点を変えたり、フォーカスするポイントを変えるだけで、ストレスってぐっとへるし、自分の軸がブレないようになります。

そしてニュートラルな気持ちで、今日という一日を、精一杯にやりたいことをやって生きる。

それだけで、人生はかなり充実するし、その結果として、心の平安とか、成功とかも気がつけばそうなっていた。

そうなれば最高だと思います。

何にエネルギーを自分は使っているのか?

そして、本当の自分は何にエネルギーを使いたいのか?

そんなことを一度ゆっくり自分に問いかけてみる。

そして、焦点をしっかりさだめて物事に取組み、毎日を過ごす。

そんなふうになったら、きっと人生はもっと軽くなって、楽しくなって、充実していくと思います。


編集後期

映画とかドラマが好きな人って多いですよね。

僕も映画は昔から大好きだし、海外ドラマも大好きです。

なんで人間はこんなに映画とかドラマが好きなのか?

その理由の一つは、見ている間は、自我(エゴ)の暴走が止まるから…

というのもあると思います。

映画館にいって、それが面白い映画であれば、少なくともその二時間は、完全に主人公に感情移入して、エゴの暴走(クヨクヨした気持ちとか、未来への不安とか)はありません。

そして、こういった娯楽というのは、僕はいいものだと思っています。

実際に、映画やドラマや本の物語などで感動して心が洗われたり、時に人生を変えるぐらいの力を持っている作品もあります。

そういえば、昨夜も僕は息子と映画を観ました。

アマゾンプライムでこんな映画を観ました。
↓  ↓  ↓


ミスター・ビーンです…

感動とかとは真逆のパロディ映画です。
(^_^;)

ですが、これがなかなか最後はキレイに物語がつながって、ハッピーな気持ちになりました。

エンターテイメントの世界にも、ものすごい才能のある人がたくさんいて、僕たちをハッピーにしてくれます。なかなか素敵な仕事だと思います。



当ブログのバックナンバー一覧
↓  ↓  ↓
このブログの全記事・バックナンバーの一覧



2017年6月20日火曜日

幸せになる秘訣

幸せになる秘訣


幸せになる秘訣…

それは、幸せを追い求めないこと。

幸せになりたい…

と願うのは、人の常だし、自然なことだと思います。

僕も、もちろん幸せになりたい… と思っています。

ただ…

幸せというのは、追い求めて、探して、見つけて、幸せになる…

というものではないんです。

幸せ

というのは、ただ自然に起こってくるものなんです。

このあたり、 OSHOの受け売りですが、本当にそうだと思います。

これ、いい本ですよ
↓  ↓  ↓


大切なのは、リラックスすること。

その日、一日を感謝して生きること。

意識的に生きること。

これに尽きると思います。


人生に苦悩が尽きないのは、全てマインド・エゴのせいです。

ハートじゃなくて、脳で生きているからです。

マインド・エゴというのは、いつだって、過去を後悔したり、未来を心配しています。

そして、僕たちは、まるで夢遊病者のように、マインド・エゴと一体化して、常に

心配
不安
怒り
恐れ
いら立ち
不足感

を感じながら生きています。

本当は神なのにね。

世の中には、いいも悪いもない。

敵なんていない。

生きていることは奇跡の連続だし、見方を帰れば、感謝することしかない… そんな毎日なんだけど…

眠っている限りは、それに気づけない。

マインド・エゴのトリックを見破って、意識的に生きる。

これが出来たら、毎日、感謝しながらのほほんと生きることができます。

不安や心配は、ほとんど起こらなくなるし、もし起こったとしても、それに引きづられることはありません。

なぜなら、目覚めているから。


求めているものは手に入らない?


引き寄せの法則の観点からいっても、「幸せになりたい…」と思っているのであれば、宇宙はそれに応えて、〝幸せになりたいと探し続けている私〟を実現させてくれるでしょう。

意識的に目覚めて生きて

「ああ、幸せだなあ… ありがたいなあ…」

と思っているのであれば、宇宙はそれに応えて

〝幸せな私、感謝でいっぱいの毎日〟

を実現してくれるでしょう。


幸せに生きる秘訣

そのポイントは

意識的に生きる

これです。


(※解説)

意識的に生きる…
をもう少しくわしく言うと…

私たちは、意識しないかぎりは、起きて活動している間は、ほぼ全てエゴに操られて生きています。

エゴの存在を認め、夢遊病者としてして生きている自分を自覚する。その段階を経て、はじめて意識的に生きることができるようになります。

夢遊病者は反応的に生きます。
褒められれば調子に乗り、批判されれば、怒りや悲しみに苦しみます。

眠っている人は、いつも過去に生き、未来を心配し、いまここで起こっていることを味わうことができません。

意識的に生きている人は、起こってくるものごとを批判したり、無意識なリアクションは起こしません。

自分のあるがままも、人のあるがままも認めることができます。

また、無意識に反応してしまった時には、もう1人の自分が、反応してしまっている自分に気づくことができます。

そんなふうに、自分のマインドやエゴの存在に気づき、反応した時には、エゴが反応している!ということに気づけているのであれば、あなたは夢遊病者ではありません。

目覚めているし、あるいは目覚めかけていて、ちゃんと意識的に生きています。

逆に、いつまでも、うじうじと過去を引きずっていたり、性来の心配ばかりしている人…
完全にエゴの入れ物になって無意識に生きています。
起きて活動しているつもりでも、本当のあなたは眠ったままです。
早く目覚めてください!(^_^;)

(※解説以上)



ニュースや世間のノイズに流されずに、過去や未来に縛られずに、ただ、

いまここ

に生きる。


そんな風に生きていると、

鳥は歌い

花は輝き

だします。


当たり前だった風景が全部変わってきます。

夕焼けの輝く空に

街を行き交う人の中に

神を感じることができるようになります。


だんだん、素晴らしい世の中になっていってますね。


また時々、更新します。

あゆむ 拝
(*^_^*)


編集後記

前回の更新から時間がかなりたちました。

前回の記事「iphoneバキバキに壊れた事件」にて

iphoneが壊れたことで、さらに僕にとって、

不思議な善きことが起こりました。

それについては、次回記事で紹介します。

なんてことを書いてました。


気になっていた方がいたら、引っ張りすぎてしまってごめんなさい…

何があったかというと、(まあたいしたことではないのですが…)

iphoneの代りに、Kindleで電子書籍を読むようになったんですね。

そこで、無料の「サラとソロモン」という本をダウンロードしたんですが、これがものすごく良い本だったんです。
↓  ↓  ↓


あまりおもしろいから、すぐに続編の二冊も買ったぐらいです。
↓  ↓  ↓




小学生でも理解できる物語形式の本なんですが、iphoneがバキバキになってくれたおかげでこの本に出会うことができました。

偶然からこの本に出会えたことで、起きることにはやっぱり意味があるし、iphoneが壊れる… という一見悪い出来事に思えても、全ては善き事なんだなと改めて思ったわけです。

そんなことをすぐに書きたかったのですが、なかなか更新できませんでした。

今日の記事とも関連しますが、一時期はずっと

悟りたい…

覚醒したい…

そんなふうなことを追い求めていた時期がありました。

が、今は、あまりそういうのはないです。

自然になくなりました。

ただ、本は今でも、いっぱい読んでます。

昔の本も、新刊本も。

それで、いろいろと知識も深まってきたけど、なんていうのか、だいぶん地に足がついてきた感じです。

瞑想もやったりやらなかったりですが、四六時中瞑想状態… といったら、言い過ぎですが、自分でも不思議なぐらいに心が、魂が安定しています。

何者かになりたい…

と思っていた自分

人から良く思われたい…

と思っていた自分は、だいぶん小さくなりました(まだありますが…)。

まあ、でもそんな途中人な自分も全部含めて、まあええか…

と、あるがままの自分にくつろぐことができるようになってきました。

人からの評価

とか

人からの賞賛

あるいは

人からの非難

こういった期待とか恐れを全て手放すだけで、本当に人生は軽くなります。

そして、不思議なことに、〝人の評価〟というものを手放すほど、人からの評価が高まります。

おかしいです。不思議です。

最近の僕は、びっくりするぐらいに昔の友人からの連絡とか誘いとかが急に増えて、すごく嬉しい感動的なメッセージをもらったりします。

高校の同窓会の幹事をすることになって、そこでまたみんなとつながったり、感謝されたり。

一切そういうのは求めてはいないんだけど、結果として、ものすごく充実しているし、感謝しています。

幸せ

も、そうかもしれません。

手放した時に、それは訪れるものなのだと思います。


また、時々更新しますね。
(*^_^*)

2016年9月26日月曜日

iphoneバキバキに壊れた事件

iphoneバキバキに壊れた事件

iphoneがぶっ壊れた…


私ごとですが、つい先日、スポーツジムの駐車場で、とある墜落事件が起こりました。

まあ、墜落事故といっても、
オイラのiphoneが落ちただけなんですけどね…(苦笑)

ジムの駐車場について、車から降りようとドアを開けた瞬間に手にしていたiphoneが、けっこうな勢いで滑り落ちて、画面がアスファルトの地面に直撃してしまいました…。

パカパカ開閉できる皮のiphoneカバーをつけていたのですが、開け閉めが面倒くさく、その時もカバーを開けっ放しにしていたことを、落とした瞬間に若干後悔しました。

ただ、僕はiphoneは初代の3Gからずっと機種変更しながら使い続けており、今までにも何度も、何十回もiphoneを落としてきました。(アホですね…)

もっと高いところから落とした時でも液晶が割れることはなかったので、この時も安心していたのですが、拾い上げた僕のiphoneの液晶は

どっひゃー!!!!!

というぐらいバキバキに割れていました…(上記写真を参照)
_| ̄|○

一瞬、その場で固まってしまったことは認めます。

でも、この時すごく不思議な感覚がありました。

僕はPCもずっとMac一筋で、携帯もずっと初代iphoneから使っているかなりのApple信者で、ジョブズのこともRESPECTしています。

そしてiphoneは、僕が肌身離さずずっと使っていて、自分の持ち物の中では、MacBook Proと並んで、最も高価で、最も大切な道具です。

それが、無残に破壊されてしまった…

今までの僕なら、相当なショックを受けていたと思います。

でも、この時の僕は強がるわけではありませんが、不思議なぐらいに落ち着いていて、こう思ったんです。

「これは一体、何を意味しているんだろう…?」と。

そして、同時にこうも思いました。

「ああ、iphoneが僕のために壊れてくれたんだな」と。


善きことしか起こらない


僕がこのブログでずっと書いてきたことの一つに

宇宙にも人生にも

善きことしか起こらない。

ベストのタイミングで必要なことが起きる。

というものがあります。


僕はこの法則を心から信じていて、そのことが腑に落ちてからは、あまり物事や出来事に振り回されなくなったし、落ち込んだり、後悔したり… ということがほとんどなくなっていました。

そして、このiphoneを落とした時は、まさに前回記事「今この瞬間への旅」を読んでいた時であり、僕の心は常に〝いまここ〟に在ろうと、開かれた状態だったのです。

(↓この本)


そういう、ある種、高尚? な、気分でもあったので、以前であれば狼狽したであろう、iphoneの墜落にも落ち着いて対処することができたのでした。

そして、少し落ち着いてから、僕がどう思ったと思いますか?

僕は

「ああ、ありがたいなあ…」

と思ったのです。

これは強がりでもなんでもなく、本当にそういう思いが沸き起こってきたのです。

というのも、恥ずかしいことをここで、告白しますが、僕は重度のスマホ中毒でした。

メールのチェックや返信等で、俺はビジネスでiphoneを活用している!

と自分では思っている部分もありましたが、実際には、ダラダラとネットサーフィンをすることが多く、タバコを吸いながら、スマホでダラダラ…

ちょっと休憩… とソファに寝転んでスマホでダラダラ…

眠くなるまで… と、布団の中でスマホでダラダラ…

特に、布団の中でのスマホは、ブルーライトの影響か、眠くなるどころか、ますます目が冴えてきて、時に夜中の2時、3時… と、布団の中で、数時間スマホを見続けることもありました。

全く非生産的な時間です。

これは、問題だという自覚はあったので、僕は、自宅に戻ると僕のスマホを奥さんに預けていた時もあったほどでした。(その後、やっぱりそれは不便だと、預けることもなくなりました。やっぱりスマホ中毒だったのだと思います)


墜落したことにより、僕のiphoneは本体が故障したわけではありませんが、液晶が全面的にバキバキに割れて、視認性が極めて悪くなってしまいました。

ブルーライトカットの保護シールを貼っていたので、ガラスは飛散しませんでしたが、貼ってなかったら、液晶のガラスはバラバラになっていたと思います。

でも、とにかくそのバキバキの画面を見た時に、もう、こんな画面では何も見たくない… と思いました。

そして、これでスマホを強制的に卒業やな…

と思ったのです。

その時に、

ああ…
宇宙が僕のスマホを、
僕を中毒から救うために壊してくれたんかな…

と。

ああ、ありがたいな…

と、思ったんです。

多分、スマホは、宇宙が壊したわけでも何でもなく、単に、僕がドジで不注意だったから割れただけだとは思いますが、不思議な安堵感があったことは事実です。

実際、その日から、僕はスマホを見ることがなくなりました(電話のみ使用)。


まあ、これは、それほど大きな事故ではありませんが、

ベストなタイミングで、その時に一番必要なことが起きる

というのは、今回のことでも、僕は身を持って体験できたような気がしています。



誰だって、自分の大切なものが壊れてしまったり、失くしてしまったら、かなりショックを受けると思います。

でも、それって、結局は執着なんですね。

そして、執着というのは常に不幸を生み出します。

執着も、そして悲しみも恐れも、全部作りだしているのは、自分のエゴ・マインドです。

マインド・エゴから離れて、大いなる意識として在れば、そこに悲しみや恐れは存在しません。

そして、善も悪もなくなります。

要は、宇宙を、神を信じているかどうか!?

に尽きます。

宇宙と神を信じていれば、無敵です。

全ては善きこと

という世界で生きていると、何があっても大丈夫です。(*^_^*)


編集後記


この後、iphoneが壊れたことで、さらに僕にとって、

不思議な善きことが起こりました。

それについては、次回記事で紹介します。


PS
前回の記事の編集後記で、BABYMETALの東京ドームコンサートに行ってきます!
と書きました。

この興奮を記録に残さねば… と帰りの新幹線の中で、ブログに記事をあげたのですが、さっきアクセス解析を見たら、誰1人として読んでいないことが発覚しました…

アクセス… 

ゼロです_| ̄|○

ということで、読者層が全く違うことはわかってますが、興味がある方がいるかもしれないので、リンクはっておきます。

BABYMETAL東京ドームLIVE観戦レポートその1





※上記レポートには、スピリチュアルな内容は一切含まれておりません。
※BABYMETALファンには響く内容だと思いますが、ファンでない場合は、ただのキモいオッサンのイタイ文章でしかないわ… とそっ閉じしてしまうことを警告しておきます。(^_^;)

このブログの過去記事はこちら

このブログの全記事・バックナンバーの一覧